2011-10-08

111008 墜落回収

知らないことがまだまだあるんです。

この日、有笠に行きました。
隣の方でリードで登っていた人が、

「墜落回収します。」

なんですか?
リードを途中までで断念した場合、
最後のカラビナを捨てビナにするとか、
懸垂の支点を捨て縄で作って懸垂とかをするもんだと思っていたのが、

この墜落回収は、
簡単に言うと
クイックドローを回収する。
すとーんと落ちる。
その下のクイックドローで止まる。
これを繰り返す。
フリーのハンガーボルトのルートだから、これができるんだろうけど、
さすがに一回ごとに衝撃がかかる。
やっていいもんだかと思ってしまうところだが。
実際は、できる限りクライムダウンするので落ちるのは、少しだけ。
でも、ロープの末端2~3mのところに集中してテンションがかかるからロープの寿命は、短くなるですね。
高いグレードに望むクライマーの世界では、
こういうこともありなのかと思った次第。

0 件のコメント:

コメントを投稿