2011-10-12

111012 ジム

仕事が終わって
先輩の店によって話をして
ジムに行ったら、知り合いの人と話をし
今日は、時間がないので準備体操もパスして
それで結局30分ぐらいしかクライミングができなかった。

でも、先週やってどうにも最後の1手が力ずくでしか解決できなかった4級の課題が、
一発でしかもあっさりとできてしまった。
できるときってそんなもんだね。
次の課題がまた時間かかりそう。

ジム後、夜年配の山の先輩と話をした。
クライミングに夢中になってしまった人達は、
人間関係がどうなってしまうのか。
すべてのクライマーというわけではないのだろうが、
自分たちの周りとの人間関係が壊れても気付かなくなってしまうものか、
あるいは、それを承知の上で優先させてしまうのか。
自分としては、肯定はしないが、わかる。
クライマーは、
恐怖との戦いで精神的に感覚がおかしくなりそうだし、
ケガをしてでも指がねじ曲がってでも止められない
クライミング中毒におかされた患者だからね。

0 件のコメント:

コメントを投稿