2012-01-31

アイス道具の手入れ

アックスの先っぽ

アイスは、1に研ぎらしい。
今シーズンの八ヶ岳通いで特にクランポンの尖りが、なまってきた。
クランポンのフロントで岩の凹みに立ったり岩の上を歩ったりをさんざんやったのだから消耗が速い。

これからアイス通いになることだし、研ぐ。
アックスとクランポンをどっかどっかと氷の壁面に打ち込んでくぼみを作ってしまうのは、かっこよくない。
アックスで軽くつついてクランポンのフロントをスッと差し込んで涼しげに立ちこむのだ。
かっこいー。しびれるー。
(ナイナイ。たんなる妄想。)

研ぎ道具に何を使うか。
最初は、先輩やらこの本を参考にしてマシーンで一気にするつもりだった。

教科書になかった登山術: 山岸 尚将



しかし、むかーしむかし。
スキーの草レースをやっていた頃、
コンケストというスキーチューンナップの道具メーカーから
チューンナップ道具一式を買いそろえたのがあって
そのなかに粗目と細目のヤスリがあったのだ。
これがなかなか、切れ味がよい。
買った当時は、やけに高いなと思っていたのだが、
nicholsonという刻印があったので
万力とニコルソンのヤスリ
ニコルさんが作ったヤスリかと思っていたが、
ググってみたらアメリカのブランドで専門家の方がお使いになる高級ヤスリだそうだ。


相変わらず、お仕事が終わって11時頃帰宅が続いているのでそれほど時間は掛けられない。
それでもクランポンの12本の爪×2とアックス×2をあっという間に研げるのだ。
超おすすめ。
偶然にもしょっちゅうパートナーを組む佐藤さんもアイスクライミングのことが書いてあるブログの情報でnicholsonを使っていたのだ。








深夜の薄暗い玄関で
ギーッ、ギーッ、
この人何やってんのと気になった家族がそっとドアを開けると


とがった先っちょをより目にして見ながら、
ひーっひっひー
頭おかしくなったんか。


                     まあ、少し、以前から....ほっといて。


道具を研いだ後、スクリューの内側に潤滑スプレーを吹き付ける。
氷の付着を防ぎ詰まりをなくすため(山岸さんの前出の本)。

これで今週末もストレス解消!
仕事ばっかりでは、煮詰まってしまうのだ。













0 件のコメント:

コメントを投稿