2012-02-20

120220 PET

犬とか猫とかハムスターとかのペットではないです。
ガン細胞を見つけ出すための放射線を使った画像診断だ。
ガン細胞は、ブドウ糖を普通の細胞より何倍も取り込むので映し出すとわかるそうだ。
体の幅しかない縦長のベッドに横になり、大きなドーナツみたいなところをくぐっていく。
MRI、CTと同じような機械だ。
これで、この1カ月で胸部レントゲン2回、胸部CT、MRI、PETと放射能を浴びまくっている。
ガンが発生するには、ほど遠い放射能の量だが、普通に生活していて浴びる1年分をはるかに超えてしまった。

8:30 日赤地下の受付に到着。
食事をしていないことと昨日運動をしなかったことを確認される。
筋肉に疲労が残りこわばっていると画像の写りが悪くなるそうだ。
素人なりに考えたのだが、ブドウ糖が回復しようとしている筋肉に集中してしまうのかもしれない。
昨日は、相沢のエイプリルフールでアイスクライミングをやってきた。
激しい運動ではなかったしみんなより1本少なかったのでやってませんと答える。
太ももの筋肉は、張っていたが、筋肉疲労が残るとは思っていなかったので仕方ないじゃん。

診察の説明を受ける。
着替えをしてブドウ糖の注射をされて
しばらくブドウ糖が体中に回ってくるのを待つため、明かりが落とされて一人一人区画された休憩室で1時間ぐらい待った。
考え事もしてはいけないと言われたので爆睡。
ただでさえ脳はブドウ糖を消費するところなので考え事をしたらせっかく投与したブドウ糖を余計に消費してしまうからだろう。
画像を撮り、
体内の放射能が抜けるまで30分ほどまた休憩室で待っておしまい(今度は、寝なかった。)。

11:30に終わった。
本日のお代金28,110円。
あー、ブラックダイヤモンドのスティンガーが買える。

人間ドックのオプションなら10万円もする検査を格安で受けられたと思えばよいのかな。

結果は、2日後。

0 件のコメント:

コメントを投稿