2012-02-05

あいす...すっすっ...すきー


しりとりじゃなくって
実際に一日でアイスクライミングとスキーをやってきたのだ。

120204土曜日
アイス:インディアンサマー
ナイタースキー:奥利根スノーパーク

シャイアンに取り付くワタシ





























本日のダイジェスト
5:00 自宅出発
5:30 群馬県の真ん中集合
群馬県の西端に向かい
神津牧場近くのインディアンサマー広場で8:00から14:00までアイスクライミング。
前腕パンプ
群馬県の北端近くに向かい
奥利根スキー場で19:30から22:30までナイタースキー。
太ももパンパン
24:20自宅に着。全身疲労で爆睡。


インディアンサマー
というわけでインディアンサマー広場でアイスから。
写真の通り、問題なく氷は、張っている。
天気も快晴で寒くないというかこの時季では暖かい。
そのため日差しが差してきたところでは、ぽたぽたと氷が溶ける。
ここのシーズンは、短そうだ。

本日のメンバー。
野郎ども...いや、もっとかっこよく男子会9人(これでもうちの会の2割程度)。
まずは、アイスは無理せずということで右奥のチェロキーから左上して
中央右のアパッチ、左シャイアンにトップロープを張ることになる。
ロープ張ってきてと言われそうな気がしていたが、リーダー自らが、張ってくれた。
頼りになります。いつもありがとうございます。

チェロキーとシャイアンは、氷瀑
アパッチは、氷柱
チェロキー、シャイアン、アパッチとだんだん難しくなる。
3本とも登れるところでなんとなく自分がアパッチに一番手で取り付くことになった。
先週の霧積温泉の氷柱と同じ程度と思って取り付いたところ、
アックスで打ち込まれた後がまったくない。
すでに今シーズン何人も登っているはずだが、氷結が繰り返されて傷口が消えてしまっている。
しかも初めてのアイス場。
後半の垂直になったところから、はて、どのラインで行くかわからん。
よくわからんのでど真ん中からやってしまった。
よく観察しないとダメです。
真ん中が、ふくらんだラインでアックスが刺しにくい。
みりゃわかるだろうにねえ。
登りやすいのは、右側面凹角よりか、左サイドのライン。
本日一本目でまだ体の動きが悪いのもあって前腕の力が尽きて2度テンションし休んでしまった。
何とか登り上げたのだが、しばらく腕が回復しそうにないので順番にみんなのビデオ撮り。

クライマーの本性
人数がいるので順番に。
で、クライマーの本性っていうか意地が悪いところっていうか山岳会のお約束があるんだよね。
初めてってのがいると
ちょっと無理そうなところをいきなり登らせるってやつです。
本日アイス初めてT君とK君。
しかも、T君は、フリーでイレブンを登れている。
チェロキーのような段々の簡単なところだと、アイスなんてチョロいもんすねとなりそうなので
おだてて最初から、シャイアンに取り付かせる。
もち、途中から四苦八苦。
下から、はじめてのやつにいきなりここは、登らせねえよな。
上で、なんで最初っから言ってくれなかったんすか。
いやー、俺は、思ってたんだけど、リーダーが言うもんだからねえ。
お約束のテンション。
でも、なんだかんだ言って登りました。
えらいです。
で、たっぷり休んでもらって次は、アパッチに
取り付きは、斜度が緩くわりかし順調。
下から、さすが、一本登って会得しちゃったねえ。おだてる。
残念ながら本人乗ってこない。
氷柱になってからも苦労しながらもノーテン続く。
しかーし、氷柱の真ん中あたりではがれる。
下から、なんでー、落ちるとこ写真取りそこなっちまったぜ。
いじめですか。
でも、ここもほぼ、トップアウトまで登り上げる。さすが、イレブン。
たぶん、彼の腕は、2~3日パンパン。
次回あたりから、どんどん登れるようになるんだろうね。
T君お疲れさんでした。

K君は、アックス、アイゼンが決まっているのに
不安なのか何度も打ち込む。
そこで引きつけて立ち込めば大丈夫と下から言うが、
なかなかスムーズに進まない。
これもどんな氷でどれだけうちこめば、大丈夫かを経験値として体が覚えないとだめなんだろうね。
しかし、K君は、やってみろと言われると拒否らずとりあえず、取り付く。
アパッチは、途中であきらめたが、シャイアンは、どんだけ時間を掛けてもあきらめず意地で登り上げた。
K君も達成感ばっちり、お疲れ様でした。


話を自分に戻して
2本目は、シャイアン。
サクッと登れてしまった。最初こっちでアップしてからアパッチにすべきだった。
3本目。アパッチ。すでに本日何人もやったのでアックスとクランポンで凹みができていたのもあり、こちらもあっという間に登れた。



動画はアパッチを登る自分。最初あっさり落ちるのは、フリーの感覚でやってしまったため。ご愛敬ってことで。


4本目。リーダーがアパッチの右サイドをやったので続いて取り付かせてもらう。こちらのラインは、細いつららが集合し固まっているのでざらざらぼこぼこ。クランポンの前爪を食い込ませるのがちょい難しい。思った以上に腕力登りになり、登り上げたもののやっとだった。いろんな状況をやっておきませんとね。

シャイアン
アパッチ右サイド
アパッチ
















ここはアクセスがいいし、週末なので混むかと思っていたが、結局一日中我々だけだった。
これにて本日のアイス終了で荒船の湯につかり、
ナイタースキーは、さすがに減って佐藤さんと昼間初アイスのT君と3人。
前橋ガストでビーフシチューハンバーグセット699円を食べる。12月から、食事は、ガストがお約束のようになってきた。
ガストでT君とワックスがけの話をしたが、彼もホットワックスを掛けるという。
スキーなら、アイロンの幅で収まるから、一直線でかけられるけどボードのワックスってやっぱなんども行ったり来たりすんのか聞いてみた。
まあ、当然だけど、そのとおり行ったり来たり、スクレーパーで落とすのも幅広く。
彼の場合は、スクレーパーで落としてさらにブラッシングもするという。
自分は、最近めんどくさいので見た目表面にしみこみさえすればいい感じでめいっぱいうすーくワックスがけをして滑って落とす。

奥利根スノーパーク
夕食後、また高速に乗り、水上の奥利根スノーパークに。
朝5時半に集合して十分に遊んだのにまだ遊ぶのだ。
天気が良かったので雪が降るとは思ってもいなかった。
それが、たっぷり降り続け、結構さらさらで滑りやすい。
上の斜面から中間の大斜面へ向かうところが、滑り込む人がほとんどいないので粉雪を舞い上げながら自分のシュプールを描ける。
振り向いて自分のシュプールにうっとり。気持ちよかった。
一番上の緩い斜面も楽でいいのだが、大斜面が急で人が少なくてかっ飛ばせるので好きなのだ。ロングターンでフリーフォール感覚で落ちる。
自分でも思うのだが、この斜面ではこれ以上スピードは出ないだろうというところまでいきたくなる。
おかしなスキーヤーだ。
T君は、ボーダーだが、昼間の人とは別人のようにうまい。かなりうまい。攻撃的なのだ。
新雪ゾーンで勢いを付けて一気にボードを体の前に持っていく。
次の瞬間弧を切り上げストレートに滑らせる。
舞い上がった粉雪の中に突っ込んでいく。
まるでチューブライドだ。
佐藤さんもスムーズな弧を描くようになってきた。

滑り終わって滑走面を見るとワックスが、両端から3センチぐらいまでは、落ちていたのだが、真ん中は、ずっと残りっぱなしになっていた。
ちゃんと削らないとだめですね。
22時半まで滑ってそろそろ帰るべ。

ほんとたっぷり遊んだ。
またやるかってやりたいけどちょっと、いや、かなりしんどい。
アイスは、今月いっぱいだし、バックカントリーも雪洞堀もやりたいしとなれば、群馬は、超便利なのだ。
冬は、短いのだからやれるときにやっておきましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿