2012-04-11

120410 クライミングシューズのリソール

仕事が終わって夜10時から1時間だけジムに行ったところ、
受付で靴(スポルティバミウラーVS)が上がってますと言われた。

このジムでは、毎月月末にまとめてクライミングシューズのリソールに出す。
伝票では、4月7日となっていたのでかなり速い。
しかも、今回は、
シューズのリソールと
つま先側面のラバーの穴の修理(ラバーの部分張り替え)と
ちぎれそうになっていたベルクロ2カ所の修理だった。
ベルクロは、1カ所は、2度目。一度ちぎれそうになって直してもらい(パッチを当てるのだが)、
また同じところを直せるのかと思っていたが、できたのだ。

お代は、減りが速いけど高性能ラバーのステルスハイフリクションにしたので合計金額9,345円だった。
結構かかるな。でも3カ所だから仕方がないかと思っていたが、
ジムでの買い物のポイントで1,000円の商品券がもらえた。
最初から8,345円と同じことだが、おまけで商品券をもらえると得した気分。
こういうのって結局無駄遣いしてしまうんだよね。

さっそく履いてみた。
さすが、ステルスハイフリクション。
昨日まで登れなかった課題が登れたぜ!

というわけにはいかんのだ。
悲しいことに高性能ラバーの差がわかる実力ではないということ。
しかも、考えてみるとこの靴滑るから(登れない)と靴のせいにはできなくなってしまった。

靴よりも実力なんだな。

0 件のコメント:

コメントを投稿