2012-04-21

120421 黒岩


朝起きて曇り空。
天気予想は、晴れなのでよくなるだろうと黒岩に出かける。
はるな郷を過ぎると霧の中になり、車のライトをつけて走行になった。

8時15分頃に黒岩に出勤。
まっちゃんがすでに着いていた。
霧で高さ25mほどの岳友会ルートが途中からぼんやりしている。
この日は、結局ずっと霧の中だった。
半袖でがんばったけど寒かったです。

この日の記録。
岳友会5.9
アックスの涙5.10c
舞姫5.11b×3本
舞姫3本目にトップロープでリードを想定してクイックドローを掛けながら(トップロープだからロープは通さない)やってみた。
うまくいった。
次回からリードで取り付いてみることにした。
アヒル5.11c×2本
計7本。
アヒルは、7本目にトップロープで舞姫とは逆にクイックドローをひとつずつ回収しながらやってみたが、すでに腕が終わっていた。
テンションを掛け休みながらになってしまった。
でも、どのポジションでクイックドローを掛けていくかは確認できた。

両方いっぺんにおとすのは、難しいが手応えは感じた。

ところで僕は、
自分の限界グレードを上げるとき(今は、5.11c)は、
ボルトにクリップするたびにテンションになってしまい、
それこそ北山真さんが、ロープの切断テストをしているようなものだと
書いている(ヤマケイ登山技術全書のフリークライミング)のと同じになってしまうから
ップロープでムーブを固めてから、
それが確実にできるようになってリードにトライする。
これでは、誰かにロープを掛けてもらわないとできないし、
根性なしでかっこわるいとも言える。

フリーのルートは、リードで登れて初めて登れたと言えるのだから
最初の一本目からでもリードでトライすべきという考えがある。
とてもいさぎよいし、それができないと初めての岩場で登れるところが限られてしまう。
実際にそうしている人をよく見るしそうあるべきとも思う。
自分の場合、初めてのルートでもリードで取り付けるのは、5.10台かな。
5.11台を最初からリードで取り付けるようになるのも目標です。

0 件のコメント:

コメントを投稿