2012-04-30

120430 二子山中央稜スーパータジヤン



スーパタジヤン3ピッチ目

今日の目的は、二子山中央稜となりのスーパータジヤンで遊ぶ。

朝6時群馬県南寄り集合
7時30分二子山駐車場着
すでに1台止まっていた。
この車も中央稜だとしても2番手だから
あせることはない。

中央稜取り付きに着いて
8時00分まずは、中央稜を登る。
1ピッチ目と3ピッチ目をまっちゃん。
2ピッチ目自分。
まっちゃん3ピッチ目初リードなのでどうかなと思ったが、核心をうなりながらノーテンで抜ける。
9時30分には、3ピッチ目を登り上げてしまった。
3ピッチ目テラスで休憩。

ここから、どうするかというと
スーパータジヤンを3ピッチ目から2ピッチ目まで懸垂で2人とも降りる。
まずは、僕が3ピッチ目をトップロープでやる。
まっちゃんを上からビレイしてトップロープで登ってもらう。
2人で懸垂で3ピッチ目のスタート地点まで降りて
カラビナが残置になるからしょうがないのですよ。
さらにロープをかけ直して2ピッチ目のスタート地点まで懸垂で2人とも降りる。
また、2ピッチ目をトップロープで同じようにやってまた降りる。
1ピッチ目をまた同じようにトップロープで登り返す。
という超まどろっこしいやりかたで、
そんなら最初からリードで取り付けと言われそうなのは、わかる。
すいません。ビビリなんです。
とりあえず、スーパータジヤン初なので勘弁してね。

スーパータジヤン3ピッチ目
で、やってみた。
3ピッチ目10a
そう難しくない。
2ピッチ目10c
2ピッチ目を登り返そうとしたときに雨が降り出し本降りになりだした。
急いでとりつく。
最初の浸みだし、たぶんこれは年中濡れているのだろう、の部分は、手とシューズが濡れるのは覚悟しなければならない。
石灰岩特有のスプーンカットには、水がたまっている箇所もいくつかある。
これが、いやらしいのと途中ひさしののっこしがあるが、ホールドは、しっかりしているのでさほどでもなかった。
ビビラなくていい10cってとこかな。
2ピッチ目を登り上げたところでほぼ雨はやんだ。通り雨だったようだ。

1ピッチ目10d
1便目に探りながらやって登り方は、わかった。
スーパータジヤン2ピッチ目
最初一段上がってハング気味ののっこしは、左手クラックの奥の斜めのホールドで保持して右手で右上のガバでぶらさがって左手で上のテラスの奥を思いっきり取りに行く。中途半端では届かない。
テラスからは、
左手アンダー右手スプーンの引っかかるところでセットポジション。
左足を一段上げて右足もバランスを取りながら一段上げる。ちょい難しいかも。
そこから右手を上にのばしてガバを取る。
ボルト4つ目が核心で下記。
ボルト4つ目から上部のハング手前で左のフェイスに出て、これが少し勇気がいる、ガバだが少し甘いホールドで保持してから、右上する。
こんなとこです。
2便目でノーテンで抜けることができた。
辛いか、甘いかと言われると5.10dである。
それじゃわかんねえだろうと言われても
スーパータジヤン1ピッチ目
11じゃないし、10cでもないなということろなのでやっぱり10d。
テクニカルなルートです。
では、僕的にリードでしかも朝一で取り付けるかと言われるといやなんだな。
だってビビリなんだもの。

あと1回ぐらい来て固めてからかな。
それと4つ目のボルトを右サイドから伸び上がって縦のホールドをとって、身長が低い人やリーチが短い人は、思いっきり手を伸ばす、登り上げたが、ほぼ右隣のルートになったので
もしかしてルートがずれているのかもしれない。
もう少し詰めてみたい気がするのだ。

中央稜と違うのは、グレードは、もちろんだが、
中央稜は、アルパイン。基本的にランニングは、ビレイポイント以外ピトン。
スーパータジヤンは、フリーのルートである。
ハンガーボルトがずっと、間隔は微妙だが、打ってあるのでむしろ登れれば、中央稜より安心できる。
2ピッチ目からは、フェイスの真ん中なので気持ちがいい。
2ピッチ目終了点のビレイポイントは、テラス状になっていない。
ハンガーボルトがふたつあるが、そこでハーネスにセルフをとってぶら下がってビレイ。
3人でぶら下がるのは、無理。
フリールートなんだから、2人でやるのは、当然と言えば当然だが、
ビレイそのものは、変わらないから特に問題ではない。
スーパータジヤン3ピッチまでであれば、フリー用のシングルロープ1本で懸垂もできる。
この日も中央稜に4グループ5パーティーが取り付いたが、わいわいがやがや、
スーパータジヤンは、渋滞なし(これが一番かな)、後続を気にせずムーブを探ることも遠慮なし。
もっともフリーの上級者は、東岳や祠エリアとかもっと別なところでしょう。
そんなとこかな。

0 件のコメント:

コメントを投稿