2012-05-05

120504-05 白馬尻

白馬主稜 奥は、小蓮華山の下部


















 最初の予定は、5/2夜発。5/3白馬主稜の予定だったが、天候が悪く3日出発に延期した。さらに3日になってもよくならないので4日出発に再延期した。

 4日午後3時猿倉駐車場着。白馬村は曇りだったが、猿倉は雨。天気予報でも24時まで雨だ。50台ぐらい止まっていたが、まだ余裕がある。テントを張って落ち着く。テントを張っている人は、他にいない。みんなすでに山に入っているのか車中泊なのか。午後8時までうだうだ時間をつぶして就寝。夜中には、雨がやむと思っていたが一晩中降り続き、時折風でテントがあおられた。前線は、去ったが、低気圧を反時計回りに寒気が入り込んでいて大気の状態が不安定になっていた。


 5日2時起床。
とっとと撤退です。
3:15 出発。まだ、小雨にもならず、雨が普通に降っている。真っ暗な中なので途中2カ所ほどあっち行ったりこっち行ったり。この日猿倉を出たはの我々が最初のようだった。
5:00 白馬尻着。夜が明けて主稜が見える。8峰から上は、雲の中。天候が悪そうだ。テントが10張りほど。ちょうどテントの外に出てきた人に聞いてみる。2日間停滞して今日も悪いので撤退の予定だそうだ。確かに下から尾根を見ると突っ込んでいくのはまずい。ここで回復を待つのもあったが、主稜は、時間がかかる。のんびりもしていられない。リスクを冒してまでやってはいけない。まっちゃん、佐藤さんと3人で相談。5:30に早々と撤退を決断。猿倉に戻る途中後続のパーティーは続々登っていった。
 後で知ったのだが、この日は、主稜の隣の小蓮華山で死亡した6人が、ヘリで回収された。ヘリが飛べたのだから、天候は、回復したのかもしれない。早く出過ぎて天候が、よくなってくる前に判断してしまったよくある撤退パターンかもしれない。根性無しかもしれない。いいんです。どんな山でも命までかける価値はないのだから。次回もあるし。


そろそろでっかい山に行きたいのだが。

以下は、小蓮華山での遭難記事。

北アルプス:白馬岳遭難・北九州の6人か…全員の死亡確認

毎日新聞 2012年05月05日 10時32分(最終更新 05月05日 14時55分)

長野県警大町署に5日午前8時ごろ入った連絡によると、長野県の北アルプス・小蓮華山(これんげさん)の山頂近くで「登山者6人が倒れている」と別の登山者が近くの山荘を通じて通報した。同11時50分までに、県警ヘリが6人を同県白馬2件村へ収容したが、全員の死亡が確認された。県警は、6人は4日に遭難した北九州市の60〜70代の男性グループとみて身元の確認を急いでいる。

白馬村山岳遭難防止対策協会の降籏義道・救助隊長らによると、6人は小蓮華山から白馬岳(しろうまだけ、2932メートル)に通じる尾根でまとまった状態で見つかった。ゴアテックス製の雨具を着ていたが、中は夏山用のシャツなどの軽装だったという。雪山遭難時に避難のために掘る「雪洞」を作った形跡はなかった。降籏隊長は「軽装備が事故につながった。雨の後に吹雪になり、一気に体温を奪われたのではないか」と話した。

たぶん、4日の荒天時に吹雪いて方向を見失い、進退窮まって凍死だったのでしょう。自分としては、教訓とさせてもらい、死んでしまった人を非難は、しません。ご冥福をお祈りします。

0 件のコメント:

コメントを投稿