2012-05-13

120513 二子山中央稜スーパータジヤン

2ピッチ目フォローで登るゆうこさん

朝6時30分群馬県南寄り集合
今日は、4人で二子山に行く。
さとうさんとまっちゃんが、中央稜。
僕とゆうこさんが、スーパータジヤン。

途中コンビニによって8時に二子山駐車場着。
すでに何台かの車が止まっていた。
ゆうこさん1ピッチ目最後のハング下
仕度をして歩き出す。
祠エリアをすぎて最後の赤テープのところは、道がまっすぐの方が歩きやすい。しかし、そこで右に上がっていかないとローソク岩の方に行ってしまうのだ。
まっちゃんとゆうこさんが、はまってしまい到着遅れる。
すでに中央稜には、1ピッチ目の終了点に人がいた。
取り付きは、林の中で日が当たらないので寒い。
ナノパフを羽織る。

その間にガイドさんがお客さんを連れてきてさっさとスタートしていく。
さすがにいい道具を持ってらしゃっる。
クイックドローがペツルのアンジュのブルー。
ひときわ目立ってかっちょいい。
シューズは、スポルティバのTCPro。

さとうさんまっちゃんが、前のパーティーが進むのを待っている間に
9時。
僕がゆうこさんに確保してもらってリードでスーパータジヤン1ピッチ目5.10dに取り付く。
リードで登り上げたが、朝一のリードは、さすがに力む。前腕消耗。
とりあえず、岩の上に立って
「やったー」

ところでこのスーパータジヤン1ピッチ目は、最後のぼっこりした岩をのっこして上に立ち上がって終了が気持ちいいのだが(もっとも最後の岩の下で2メートルほど左にトラバースすると中央稜の1ピッチ目終了点のテラスなのでそこまでする必要はない。)、
岩の上には、ビレイするためのボルトはない。支点にできるようなピナクルもない。というか、岩の上にボルトを打ってビレイしたらロープが角でがりがりにこすれてしまうから作れないのだろう。
次のピッチに行くためフォローを確保する場合は、ぼっこりの岩の下の最後のボルトになる。
ロアダウンする場合自分でカラビナを掛ける。
最後の人は、捨てビナを提供してロアダウンするかすてなわを提供して懸垂となる。

ゆうこさんが、スーパータジヤン初めてだし、スーパータジヤンは、3ピッチで終了なので時間はある。
ロアダウンしてもらいトップロープにする。
ボルトの右の凹角沿いを登ったのだが、降りる途中でボルト左のフェイスのスプーンカットを使って登れるかやって見た。
登れなくはないのだが、ほとんど手がつけられていないようでホールドにできそうな深いスプーンカットには、苔が生えていた。ボルト左フェイスをやるなら掃除が必要かな。

彼女には、1便目からスーパータジヤンは、きついかなと思いつつトップロープだし、下から登り方を教えられるので登ってもらう。
さぐりながらトップアウトする。さすが5.11bクライマー。
女性でもこのぐらいのグレードを登れていると安心してリードのビレイを任せられるし、あちこちの岩場に一緒に行くこともできる。
ロアーダウンした後、しばし休んで2便目。
このルートは、伸び上がって次のホールドを取りに行くのが、多いので腹筋背筋前腕を使う。
2本続けては、消耗するかも。

天気がすごくいい。両神山
ふたりで休んでいるときに
上から、ビュンと音がした瞬間に中央稜のちょうどスタート地点に石がドッカーンと落ちた。
メットをかぶっていたとしても大けがではないかと思えるぐらいだった。
僕たちは、スーパータジヤンの下にいたので2~3メートル離れていて難を逃れた。
上を見たら2ピッチ目にガイドパーティーがいたので
思わず下から、「落とすときは、声を出せよー」と大声を出してしまった。
後からガイドパーティーの次に1ピッチ目終了点で待っていたさとうさんまっちゃん組にガイドパーティーの前のパーティーが落としたことを教えてもらった。
2ピッチ目の終了点で壁を撮ってみた。
さとうさん達やガイドパーティーにもピュッと音がしたときには、下に落ちていったので声を掛ける間がなかったということだった。
ということは、中央稜3ピッチ目で石を落とすと場合によっては、中央稜のスタートポイント直撃になるのだ。
また、3ピッチ目からだとたとえ声を出しても1ピッチ目の取り付きまで声は届きにくい。
谷川岳のクライミングルートなら石が落ちてくるのはむしろ当たり前なのでみんな上に気を遣う。
しかし、ここは、あまり気を遣わないだろう。
中央稜といえどもアルパインルートと同じ危険があることを再認識。

中央稜は、人気ルートなので人が多い。
上を向いて準備しよう。上を向いて登ろう。

ふたりで1ピッチ目を登り上げたらまださとうさんまっちゃん組が中央稜の2ピッチ目にいた。
中央稜は、クライミングの初級者も入るから途中渋滞は、普通だ。
3ピッチ目リードするゆうこさん

僕たちは、ふたりともスポルティバのミウラーなので履きっぱなしはつらい。
クライミングシューズを脱いでスータジ2ピッチ目5.10cのラインを彼女に説明しながらしばし足の回復を待つ。
自分達のペースでゆっくりできるのだ。

今日は、天気がすっごくいいので2ピッチ目下部の浸み出しは、全くない。
3ピッチの上のテラスで集合
前回からまだ2週間しか経っていないので2ピッチ目もほぼラインとホールドを体が覚えていた。
3-2と一回で懸垂で降りる。
凹角をねらって行けばいいのだ。
最後にトップロープでスータジで遊ぶ
下部のひさしののっこしもよく見るとホールドがあるし、ひさしの上は、深くえぐられたガバホールドがたくさんある。
2ピッチ目を登り上げロープでインクノットをしてセルフをとる。

ゆうこさんがフォローで続く。
ひさしののっこしで手間取ったが、ホールドをなかなか見つけられなかったようだ。
ほどなく登り上げる。
2ピッチ目の終了点は、スタンスがないのでボルトにぶら下がってビレイとなる。
3ピッチ目は、5.10aで彼女なら初見でもこなせるルートだ。
ここで彼女にもビレイをとってもらってビレイヤーを交替するよりもそのまま続けて3ピッチ目をリードで行かせる。
続いて僕が、フォローで登り上げスーパータジヤン終了。
さとうさんまっちゃん組は、中央稜を最後まで登り上げて懸垂で降りてくるのでここのテラスでのんびりと待つ。

3ピッチ目のテラスから、4人で懸垂で降り、
最後にスーパータジヤン1ピッチ目をさとうさんが、トップロープでやってみる。
1便で何とか解決。
リードはやりたくないと言っていたが、何回かやれば、登れるでしょう。
14時30分クライミングを終了して二子山駐車場に歩き出す。

本日も外で遊んで楽しかったでーす。

0 件のコメント:

コメントを投稿