2012-07-29

120729 小川山屋根岩2峰南稜

屋根岩2峰 だいたい真ん中あたりを登ってきた。


































1ピッチ目スタート
月曜23日火曜24日と2日間予定外の私事が入ってしまい、福島。
こんな時にまた仕事が集中して
この1週間は、ジムに行く以前としてジョギングすらできなかった。
土曜日は、疲れを取ってからのそのそ仕事場に行きたまった仕事をして
なんとか日曜に小川山に行ってきた。

5:00 群馬県南寄り集合 いつもの男4人。
7:30 上信越道を使い小川山廻り目平到着
久しぶりの小川山。
2ピッチ目
廻り目平の手前から白樺の林になり、
駐車場からは、キャンプ場になっているのでテントがたくさん見える。

今日の予定は、屋根岩2峰南稜のマルチピッチ。
エリアマップを見ながらだいたいの方向に向かっていく。
一度来ていた佐藤さんが、ドンピシャで1ピッチ目の取り付きを見つける。
迷わず駐車場から20分ぐらいで着いてしまった。
4人なので2×2に別れる。

1ピッチ目。らくちん。
たぶん3ピッチ目
2ピッチ目。リード。いきなり僕の嫌いな小川山のスラブ。すかさず回り込む。
3ピッチ目。また、スラブ。しかし、フォローでトップロープ状態なので逃げずに正面から。
なんとかなったが、スラブってあまりやらないのでなれればなんてことなくてもそれまでは、怖い。
4、5。確保いらずでロープを持って歩きセレクションとの合流点に着く。
ここは、一度降りて登り返すと5.11台だそうだが、ちょこっと歩けば済むのでパス。

6ピッチ目。僕たちの前のパーティーが、カムを使って登っていく。
カムは、取り付きに全部置いてきたのでリードは無理。
4ピッチ目
念のためカム2本だけぶら下げてきた佐藤さんに先に登ってもらう。
そのまま残置してもらって僕たちが使うことにした。
ここの出だしの割れ目は、みんな苦労しながら登っていく。
僕も割れ目登りは、したことがないのでできるかどうか不安だったが、
げんこつをはめ込む位置をあれこれやってみた程度でなんなく登れてしまった。
フォローだったから簡単だったのかもしれないですが。
カムなくてもいいかもです。

7ピッチ目。タヌキの腹のような岩をカムでプロテクションを取りながらトラバースして登っていくのを下から見ていたが、なんせ取り付きにワンセット置いてきてしまったし、佐藤さんの2本だけでは不安なので横っちょから歩いて登り。終了。
次回は、タヌキの腹を攻略するぞ。
6ピッチ目

2峰の上で懸垂の順番待ち(と言っても1組だけだが、)の間に3峰を登るクライマーを眺める。
上から下まで3パーティーほど取り付いていておかげで上るルートもわかったし、登り方までわかってしまった。
ナチュプロのかまし方を練習してやってみたいと思ってしまった。


まわりを眺めながら「あー、きて良かった。」と思った。
白樺やカラ松、ブナなど森の雰囲気がよい。
廻り目平を中心にしてあちこちに顔を出している岩もなんだか、日本じゃないような景色。
標高も1600m以上あるから涼しい。
2峰の山頂
3峰


帰りは、懸垂一回で木々の中を歩き途中、ボルダー岩で遊んだりして

14:30 廻り目平駐車場に戻ってきた。
まわりのキャンプ場には、登山者は、使わないようなキャンプ用の大きなテントに折りたたみのディレクターチェアを並べている人もいる。
親子で食事の仕度をしているのも見える。
ここは、クライマーでなくても楽しめるいいところ。




帰りの車の中、
僕たちクライマーも成人男子として節度と品位を持った紳士たるべき等といった高尚な会話をいつもの野郎どもで楽しみつつ

みんなを小川山に誘おうとなった。


0 件のコメント:

コメントを投稿