2012-08-19

120819 榛名山黒岩

筋肉をつけるのは、大変なのだが、落ちるのは、あっという間だ。
8月4日から仕事やら新盆で実家に帰ったりで
まるまる2週間クライミングをやってなかった。
ジムにも行かなかった。

半月ぶりの黒岩は、
今朝方まで雨が降っていたようで岩は濡れている。
アップは、濡れても関係ない岳友会で、
続いてまきちゃんが登る。

さて、次はどこかと思案している間に師匠が来て
たまには、上まで行ってみますかということで
月下美人から月に吠えろまで通してやることになった。

実は、となりの三日月ハングをやりたかったのだ。
ロアダウン時にハング上部のランニングのビナにロープを掛けるつもり。

ところが...
月に吠えろを登り上げるどころか
最初の月下の3つ目のボルトで腕が、終わってしまった。
今年ここで詰まったことはなかったのでがっかり。
せめてかもいにぶら下がる程度でも腕の筋肉を維持しとけばよかった
と思うのはいつものことで後の祭り。
なんとか休み休み月に吠えろまでトップアウトする。

先に師匠が三日月のハング越えをこんな感じでとやったのを思い出しながら
ハング中央左のテラス状になっているところに両手でぶら下がる。
この時点で両足は切れる。
右足を腹筋を使って両手と同じラインに乗せ気合いを入れて体軸を返して
右手をかなりとばして上を取る。
やっては見たが、思った以上に遠い。
簡単にはできそうにないが、このルートは、ここの一カ所だけで
しかもすごくダイナミックなムーブ。
落としたいねえ。

三日月は、最初月下美人を登ってからがスタートなので
(さらに月下はその下の練習岩から登ってこないとできない。)
取り付くまでが一苦労だが、
また機会があったらやってみることにする。

最後にアヒルをやってみた。
トップアウトはしたが、核心が一発で決まらなくなってしまった。
悲しい。

クライミングは、少しブランクをあけるとあっという間に力が落ちるしんどいスポーツを実感。

0 件のコメント:

コメントを投稿