2012-08-26

120826 榛名山黒岩

5m程度の距離で無理矢理190mmで撮ってみた。手前の葉っぱがぼけて意外と臨場感が出た。

35mm位で取るとこんな感じ。最初のハイステップ。左のクイックドローで岩の斜度もわかる。


































3日ほど前から1時間から1時間30分ぐらいの時間を取ってジムにも行くようにした。
半月のブランクを取り戻すには、同じ時間がかかるのだからすこしずつやりましょう。

朝、ジョギングをして体を目覚めさせて準備して
箕郷町のセブンイレブンによって飲み物と食べ物を調達し、ザックに入れたところ
クライミングシューズが入っていないのに気付く。
ここから往復して約1時間半のロス。
ここで気づいてよかったと思うことにする。
(本来反省して次から忘れないようにと思うべきだが、)

クライミングは、集中力が必要だし、
ビレイしてもらう相手が必要なので
些細なことで心を乱してはいかん、
人あたりもよくしないといかんと思ってからは、
プリプリ怒ったりくよくよ落ち込んだりしないようになってきた。
結果、何でも自分に都合よく考えるようになった。
弊害も出てきたかも。

黒岩に着いたら、
みんなが舞姫5.11bにいた。
まだ本来の状態まで戻ってないので
いきなりは、やる気なし。
奥のチェスとアルカディアでアップ。

しかし、
雨が降ったのではないのにぬめっている。
熱された岩のホールドは、
手からついた脂が溶け出しているような真夏の暑い日の独特のヌメリだ。
チェスもアルカディアも最初の出だしからいやーな感じ。
これもテンションかけながら。
ひどくレベルが落ちたもんだ。

アップの後は、
ずっと舞姫。
舞姫は、高低差17メートル位。
黒岩特有の小さいカチに指先の腹をかけて登っていくので
指の皮が痛くなるし
そこそこ長いので
一本ごとに指と腕が消耗する。

デジカメ用のコンバージョンレンズを買ってきたので
クライミングの合間にみんなを撮ってみるがここでは素材が限られている。
写真撮りのためならもっとスケールの大きな景色があるといいんだけど。

舞姫は、4回取り付いた。
だいぶカンは戻ってきたぞ。

0 件のコメント:

コメントを投稿