2012-09-29

120929 榛名山黒岩 エンドオブアレインボー

エンドオブアレインボー。TK君ここでも半分まできてない


日が落ちるのが早くなってきたので8時から始めた。

1本目
舞姫11bリード
朝一のアップには手強すぎ、途中テンションかけて休みながらロープを張る。
2番手でトップロープでTK君にとなりのアックスに張るロープもぶら下げてもらって登ってもらう。
途中指がカチから外れたときに爪を根っこから痛めてしまった。
ほんの一瞬の手のかかる角度によってなってしまうこと。
本人我慢強いが、ちょっと指の負担は、避けて治した方がいいかなと思う。

2本目
ツル
TK君トップロープでアヒルツルツル第2核心の手前で苦しむ。
まっちゃんがリードで続く。
ツル稜にいたところ先週ご一緒させていただいたSKさんが来てくれた。
先週は、エンドオブアレインボーをやるつもりできたところ
一日ツル稜でアヒルツルツルを教えてもらったので
今週は、SKさんが来てくれたらレインボーにおつきあいすることにして
レインボーに行くときは、一緒に行きますと伝える。

3本目
SKさんと僕とTK君の3人で北面のレインボーにむかう。
SKさんがリードで取り付く。
クイックドローは、15本もぶら下げている。
途中休みつつもすべて解決してトップアウト。
登りきったところで60mのロープが半分をちょっと過ぎる。
ロアダウンは、ロープの伸びが出るのでちょうどぴったりだった。
使用ロープエーデルリッド9.8mm×60mヘロン
ロアダウンしたときに体と岩の離れ具合で最後の数メートルまでずっと被っているのもわかる。

交代してトップロープで登らせてもらう。
SKさんも言っていたとおりつい最近誰かがやったようで新しいチョークの後が残っている。
初エンドオブアレインボーなのでどこまでいけるか。
途中のスリングの束がぶら下がっているボルトの下で苦しむ。
V字フレークは、何度かやってうなりながら越えたが、
その次の手を添える程度にしか保持できないホールドに両手を伸ばして
足で立ち込むのができずに
TK君まだ半分の半分ぐらい
結局クイックドローをつかんで抜ける。
自分としては、中間のここまで。

続いてTK君も同じところまで。

休んでSKさん2便目。
自分がやってみると
あー、あそこは、こういう動きだと改めてわかる。
わかるがなんであんなにあっさりと。
実力の差がはっきり出てしまうということだ。
SKさんは1便目で何カ所か試行錯誤して抜けたところをしっかりと動きを固めたいとのことで
何カ所か探りながら抜けていきトップアウトした。

僕も2便目をやらせてもらったが(僕の実力ではまたトップロープ)、
また同じところが解決できない。
薄くかぶっているところでせめて引っかかるカチならなんとかであるが、
手は添えるだけで足で体を支えるのができない。
自分には、このルートは、かなり遠いものに感じてしまう。
自分たちの実力でここをリードで取り付くのは、無理なので
トップロープでさわらせてもらえただけでもありがたいこと。

レインボーを終わりにして
練習岩前まで戻る。
ふかちゃんまきちゃんは、アックスをやっていた。

しばらく休んで
SKさんがアヒルツルツルをリードで
SKさんもかなり消耗していたようで途中テンションを一度かけトップアウト。
続いて僕がアヒルリード。
上部の抜けのクリップで手間取ってしまいクリップ後クイックドローをつかむ。根性無し。

この後みんなが順番にツルの練習をするというので
ツルにリードでロープを張り(正直しんどかった。)

日暮れまでまたがんばり今日も全身の筋肉パキパキ。


0 件のコメント:

コメントを投稿