2012-09-30

120930 湯川 初クラックのお約束

コークスクリュー5.9を登り上げたTK君左。右は、サイコキネシス10c































岩盤に響き渡る悲鳴。

あぅ~~~~ぅぅぅぅ。
いって~。
ゆっゆびがっ....。いて~よ。

おっ俺は、結構根性ある方なんだけど。

かえって失笑を買う。

最近ちょっとだけ小川山の屋根岩2峰セレクション1ピッチ目のごく短いクラックをやっただけで
いわゆるちゃんとしたクラックは、初めて。
手の指がちぎれそうなぐらいに痛いのだ。
足の指を突っ込むとまた骨がポキポキ折れそうなほどに痛い。

マジなんだよぉ。大げさじゃなくて。

ワタクシ初めてクラックに手足を突っ込んで
体重をかけたときのクライマーのお約束を見事に披露してしまった。





湯川登り口。林道の路肩に駐車。たくさん止められない。

その日、朝。
TK君、まっちゃんと待ち合わせ。

今日は、台風が午後には、ここいらまで来る予報で少し雨が降り始めている。
YFクラブに電話をしてみたら小川山は、晴れているとのこと。
行くことにする。
途中かなり大降りの雨だったが長野県側に抜けたら晴れ渡っていた。

灯明の湯で待ち合わせして10時クライミング開始。
最初簡単にクラックのこつを教えてもらって


アップでここをやってください。
テープの巻き方も教えてもらう。
凹状になったクラック。
えっ、いきなりクラックかよってクラックやりに来たんだもんな。
うたかたの日々5.9
クラック登りじゃなくってレイバックであっさり。

次、となりのテレポーテーション10d
これもクラックのジャミング登りでもできるところだが、
やっぱりスメアとレイバックで突破。
これは、上部の核心手前までで5.9
最後のかぶったところは、やんなくていいよで終了。

YFの永野先生が
「だんだんとクラック特有の登りじゃないとできなくなってきますから。」
で、
山案山子10a
うたかたの日 まっちゃん
ちょっとずつ手強くなってきた。
右手親指と人差し指を差し込んでねじり
左足を突っ込むところで苦しむ。
これだけでも指が痛い。
特別講師の杉野先生が
そこでその指の使い方でいいんですよと
難しいところは、具体的に動きを教えてもらう。
さすが、プロの講師。ありがたや。
何度か繰り返して解決。
なんとかトップアウト。

杉野先生にクラックの登り方は、3種類と教えられる。
1.レイバック
2.スメア
3.ジャミング
それぞれの見本とコツを目の前で披露してくれる。
山案山子の自分
1.が一番手っ取り早いが力を使う。
3.が一番難しいが力は、もっとも使わず登れる。

しかし、肝心なことも言ってもらえなかった。
3.が一番痛い。彼にとっては痛くもかゆくもないのか?
ここまでは、ほんのすこしクラックらしい体験に過ぎなかった。









真ん中杉野先生。右自分







まっちゃん山案山子

























コークスクリュー出だし
次は、左端のコークスクリュー5.9
あっちのほうがクラックらしいですよ。
で行ってみる。
確かに下半分は、
薄くかぶっていてクラックの両脇にはスタンスがほとんどなく
いやがおうにも手足を突っ込まないと上がっていけなそう。

ここからが、
冒頭の恥さらしだったのだ。
永野先生も杉野先生も
いろいろとアドバイスしてくれるのだが、
どうにもこうにも痛いし、ジャミングが決まらないし、
テンションかけてビヨーンと落ちて岩にケツぶつけるし、
どうにもならないし、

消耗してしまったのでギブ。

続いてTK君。
TK君も叫ぶが僕ほどではない。
しかもトップアウトして「おもしろい。」と叫ぶ。



さらにTK君に「叫んでいたのは、俺とアニキの2人だけですよ。」
えっ、そっそうか。俺たちまたやっちまったか。


そういえば、その日生徒は、15人ぐらいはいたのだが、
YF永野先生右とTK君左
ギャーギャー叫んでさらにへこんでいたのは、僕だけに気付く。
よけいにへこむ。

僕は、ここで
『どうしようかな。まったくダメだし、もう、帰ってもいいかな。』と思いつつ、途方に暮れる。
杉野先生が、「ジャミングの決まった感は、6カ月位はかかるよ。」に
『そうか、そんなに簡単にはいかないんだ。』で、気持ち少し復活。
杉野先生がTK君に体と腕のジャミングの高さの位置関係を説明していたのを聞いて
そうなんか。もういっかいやってみるかなあと踏みとどまる。

またコークスクリューにトライ。

本人決死の覚悟だぜ。

高い位置にハンドを決めて少なめに引きつける。

左足先を突っ込む。


おっお~、なんと今度は、ジャミング決まるではないか。

なるべく高めの位置でハンドを決め足を突っ込んで手足のジャミングで保持し上がっているのだよ。
ジャミングで中間ガバまで行けた。
ここでテンションかけさせてもらって腕を回復させて
そこから先のワイドになったクラックをゲンコツで決めながらトップアウト。
うれし~。
コークスクリューのまっちゃん最初の2手でギブ

TK君も「やりましたね。」
そうなんだ。
ここでTK君と
か~たは古いが、しけには強い~。と一緒に歌おうかと思った。
やったやった今日の成果ゲット。

へこみからの復活はやっ。

もう一回やりたかったが、
ここに来て台風の雨が、降り出す。
そそくさと手じまって本日お終い。

またやりますよ。
クラック。
だって初めての人のお約束見たいもの。
そのためには、リードでロープを張れるまでがんばっちゃうよ。とても不純な動機。

YFの永野先生。特別講師の杉野先生ありがとうございました。




0 件のコメント:

コメントを投稿