2012-10-07

121007 子持山獅子岩マルチピッチ

朝の獅子岩








 
朝5時自宅を出るとき小雨。
5時30分群馬県真ん中集合。雨はやんだ。
メンバー僕、TK君、ふかちゃん、まきちゃん。
ふかちゃんの車で獅子岩に向かう。

6時40分子持山登山口駐車場着
まだぽつりぽつりと雨が落ちてくる。
岩が濡れているのは確実なのでゆっくり仕度をして出発。

途中の登山道沿いの沢もビシャビシャ。
今シーズン沢に入らなかったので
これで沢登りもやったことにする。
なんたってオーラウンダーってことになってるもんで。

7時45分獅子岩取り付き着。本日の一番手。
1、2ピッチ目つなげて1本で
岩は、濡れているし時々小雨が、降ってくる。岩は、南向きなので晴れれば乾くのは早いのでおしゃべりしながらしばらく待つことにする。

9時になり、岩が乾くには、まだ時間がかかりそうだが、1、2ピッチ目のボルト沿いは、乾いている。3ピッチ目がフレークの横が濡れているが、もう雨は降らないだろうということで僕、ふかちゃんが先行して僕リードでスタート。
1ピッチ目フォロー
最初の出だし数メートルが濡れていただけ。そこから上は、当然湿っぽい。
1、2ピッチ目は、斜度も寝ているので湿っぽくても登れます。
最初の左のスタンスがないところも引きつけながら立ち込めばあっさり。
ハイステップするところもよいしょと立ち上がってしまえば、そうむずかしくはない。

もう3回目だし。








3ピッチ目ふかちゃんリード
3ピッチ目をリード交替。
次ふかちゃんリードねと言ったら、
えっ俺やるの?
うん、そんな難しくないから。フレーク掴めば上から取れるのが出てくるからだいじょうぶ。
ダメならロアダウンして交替すればいいから。
やってもらう。
ふかちゃんマルチピッチ初リード。
フレークに移るときに手こずりながらもうなりながら抜けていく。確かにフレークを横から掴んで次の一手が勇気がいる。

実力の差がある場合、1、2ピッチ目4ピッチ目6ピッチ目をうまい方がやったほうがいい。今日はこの予定。
後続TK君スタート




後続のTK君スタート1ピッチ目。
我々がスタートした直後に他の人達が来た。





















4ピッチ目終了点から見下ろす
4ピッチ目は、テクニカル。僕的には垂壁になってくるしここが一番おもしろい。
甘いホールドで保持しながらクリップするところが1箇所と(負けを認めて使ってくださいと言わんばかりにハーケンが打ってある。どれだけの人が使うのか。使っても正直に言わないだろうね。)
右上のホールドを取ってその右側にレイバック気味に体をかえしていくのが少し怖いかも。

最後を右から左に移動は、ひょいと体ごとスタンスを乗り移る感じで手を伸ばす。

ここでふかちゃん直上して行き詰まり左に行けなくなってテンション。
僕の目の前で振り子みたいにぶらーん。

は~い残念でした。
クライマー的にはお約束の光景がみれてうれしや。

4ピッチ目フォローのふかちゃん
ATCガイドがしっかりロックするのも確認できて収穫。























後続3ピッチ目マルチピッチ初リードのまきちゃん
4ピッチ目終了点でビレイをしながらみていると後続の3ピッチ目リードのまきちゃんがフレークのところで手こずっている。
彼女もマルチピッチで初リード。
上から取ればだいじょうぶと声を掛けるが、フレークの影になっているところが濡れていてスタンスがないからスメアするのが怖いのだ。
さらに右手でフレークの上をとっても左手がない。
彼女は、ここを両手でマッチして突破した。
決死の覚悟だったのかもしれない。


5ピッチ目下から獅子岩のてっぺんが見え出す。





5ピッチ目は、直上ルートと右ルートがある。
ここもつるべでやってもらうので
ゆるいし、短いからだいじょうぶ怖くなったら左に木があるからと言ってふかちゃんに説明する。
4ピッチ目でぶらんしたばかりなので無理そうなら僕がいくかと思っていたが、ことわらない。

傾斜が寝てるのでどちらでもOK。
できれば、直上ルートの方が次の6ピッチ目の方のビレイをしやすいと説明し行ってもらう。

フォローで登ったが、
傾斜がゆるむところとスラブになったところで
2手ほど手を壁にはわせて抜けるところは、ホールドがないのでスラブをやったことがない人にとっては怖いと思う。
後続4ピッチ目
初リードにとってはしんどかったかも。

後続のまきちゃんもここをリードしたが、後で写真を確認したらリード中にカメラ目線でVサイン。初リードで余裕かましてました。











6ピッチ終了点から


6ピッチ目僕リード。
6ピッチ目は、右上する方が楽なようだが、
ボルトから右に離れてしまい終了点のボルトに近づくために最後に左に修整しなければならない。
ここは、終了点のボルトめがけて直上が正解だった記憶で登る。
細かいところまで覚えてはいないので終了点のボルト直前のホールドでどうやるんだかしばし思案。スタンスをよく探して一段上に上がって手を伸ばし届く。
落ち着いていけばOK。
今回ここでフォローのビレイをとったが、
上のテラスまで上がって木でビレイの方がやりやすいことを後で思い出す。

後続5ピッチ目リードまきちゃんVサイン。余裕かよ。

後続5ピッチ目

後続6ピッチ目

後続7ピッチ目

































後続パーティーのTK君は、獅子岩初めてで難しい方の1、2、4、6ピッチを何事もなくリード。彼にとって5.7とか5.8は難しくも何ともなかった。













獅子岩のてっぺんから
7ピッチ目おまけみたいなショートルート
岩を回り込めば、ハイカー用の鉄のはしごがあるが、僕たちは、最後まで岩登り。

ポイントを教えてふかちゃんにリードしてもらう。これでつるべで通すことができました。

12時ちょうどに獅子岩のてっぺんに到着。

マルチピッチで初めてリードをやったふたりには、ちょっときつかったかな。まあ、ふたりともつるべでこなすことができたんだから自信になったと思う。

獅子岩の上に着く頃には、さわやかな青空が広がって山頂も見えてきた。

ここから山頂まで歩いて30分位なので子持山初めてのまきちゃんがふかちゃんと一緒に山頂まで往復。
僕とTK君は、のんびり獅子岩で休ませてもらいました。



0 件のコメント:

コメントを投稿