2012-10-13

121013 榛名山黒岩

三日月状のハングのど真ん中を乗り越すのが三日月ハング。左は、月下美人のKB


朝一でKB君にどこかやりたいところがあるか聞くと月下美人という。
それならとなりの三日月ハング5.11aをやろうかと思い、
練習岩を登って
ロープ2本をぶら下げてその上の月下美人を登り1本トップロープを張って、
さらにその上の月に吠えろを登り、
降りるときにとなりの三日月ハングにもう1本でトップロープを掛ける。
これでやっとこさ三日月ハングの練習ができるのだ。

ハングのところのボルトがM10とかではなく
少し古いタイプのようだ。ペツルだったかな。
ちょっと不安なのだ。
今度確かめてみよう。

月下をみんながやるときに交替で2本ほどやってみた。
よくわからんが、ハングのミニテラスでマッチして
右足をハング下の逆層にスメアして
引きつけて
右手で上を取りにいって届いたが、両足ブランになってしまう。

ミッションインポシブル2の冒頭のシーンみたい。
まあ、あれは、映画で実際あんなところでフリーソロするやつはおらんがな。

そこから体を左にスイングして左足をハイステップで引っかけて体を持ち上げた。

どうにもこうにも強引なので違うような気がする。

解決は、次回に持ち越し。

昼ご飯を食べて
ふかちゃんが柿泥棒をやりたいということだが、
先に取り付いている人がいるので
その間にとなりのスノードロップをすることに。
夏子から登ってまたトップロープを掛ける。
トップロープ好きというわけではないが、へなちょこなのだ。
というより、ここは、まだ何度かやって思い出さないとできないのだ。
何本かやってみたが、思い出せず、
いったんあきらめて休憩。
脳みその記憶力というより、体が覚えていない。
ひとつ落として次の課題をやり出してそれをなんとか落とすと前のを忘れての繰り返し。
もともと運動神経はよくない方なのでこんなもんなのだ。

休憩していたら、北面のレインボーに行っていたTK君と師匠が帰ってきた。
やりましょうと誘われたので
スノードロップは、手じまいにしてレインボーに。
また、真ん中に近いところで解決できず。

なんか今日は、手広くやりすぎて中途半端な1日でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿