2013-01-19

130119 湯川アイスクライミング

今年初アイスKB君 白髪エリア真ん中

林道を歩く


5:30 群馬県南寄り集合3人
下道でまっちゃんと待ち合わせして吉井インターから上信越道に乗る。

佐久インターの近くの気温表示マイナス17℃
天気がよく放射冷却で冷えたようだ。

7:00 灯明の湯から川沿いにすすみ、林道に入ってすぐ除雪されていないので
路肩の膨らんでいるところに車を止める。

ここで準備をして林道を歩き出す。
川沿いに様子を見ながら偵察し
Y時路まで戻って白髪エリアに行くことにする。

白髪エリア一番乗り。
ここは、この日クライマーは、僕たち4人と
後から2人。
昼頃から2人だけだった。
写真を撮りに来た人が、ずっと続いて15人ぐらい来たかな。
登ってるところも撮られてました。
普段人のばっかり撮ってるのでアドレス教えておくってもらうようにお願いすればよかった。


右サイド 佐藤さん

真ん中(佐藤さん)と右(僕)の登りやすそうなところからリードでロープを張る。

氷は、しっかりできているが部分的には薄いところがあり、
BDエクスプレス青16cmと黄色13cmを使いわける。
下から見てわからなかったが、登り上げて斜度がゆるくなると氷がない。

雪を払いアックスを湿った土に刺して登り上げる。

反対側は、一番上が凍っておらず、土が出ている。
リードでやるとしてこの部分をどうするか。
岩でなく柔らなそうにも見えるのでリードは無理そう。
時間があれば、回り込んでトップロープで遊べればおもしろいと思ったが、
午後2時 この日は、会の新年会なので終了。

冬の間は、800円が500円だそうで、
灯明の湯で風呂に入る。
大きな日帰り温泉施設ではなく旅館のお風呂なのでそう大きくはなかったが、
風情が好きな人にはいいかもです。

夜7時の宴会にギリギリセーフ。
翌日仕事だったので1次会で帰るつもりが、
美女二人に両脇を捕まれて2次会に連れ込まれてしまった。
おまけに美魔女その1にじくじくといじめられてしまった。

俺、普段なんか気になるようなこと言ってたのかなあ。
言った覚えはないけど、いじって遊んでた覚えはある。いけなかったかしら。

反対側






0 件のコメント:

コメントを投稿