2013-02-02

130202 相沢奥壁エイプリールフールアイス

130202相沢奥壁エイプリルフール







真冬のこの時期に停滞前線。
それだけ温かい空気ががんばって押し上げているということだったのか、
ポカポカと暖かい日だった。

最初は、クボ君の希望で吾妻不動にしようと話していたが、
グランドフォールの事故があったとのことで変更して荒船の相沢奥壁にした。

標高600mの荒船山相沢登山口から1300mまで約1時間30分登り上げる。
西上州のアイスのゲレンデとしては、アプローチが長い。
マウンテンジャケットも中間着のフリースも脱いで歩く。

大氷柱を通り越して奥壁エイプリルフールへ。
8時に着いたところで気温0℃
つつらからしずくが垂れ落ちている。
中央でルートを2本取るのがやっと。
少し離れた右側は、まったくダメ。
後続の人達が来たらゆずり合って交替を予想していたが、この日は、僕たちだけだった。

準備をしてリードで取り付こうとしたところ、佐藤さんがやると言う。
なるべくリードでロープを掛けるように癖を付けようとしているのがわかる。
ゆずって先にやってもらう。
右よりのルートを登り上げた。
今シーズンすこしずつ高低差と難易度が高くなってきているところを選ぶようにしてきたが、
たいしたもんだと思う。

佐藤リード右サイド

続いて僕が、左にラインを取ってリードで取り付く。
氷が柔らかくアックスは軽く振っても奥まで刺さる。
刺さりすぎて抜くのに苦労するのが何度も。
ピックを抜くために前腕パンプにもなりかねない。
右よりのルートは、登り上げたすぐの立木で支点を取れるが、
その左にラインを取るともう一段登り上げなければならず、60mロープが必要だ。







トップロープが2本張られたので交替で取り付いていく。
自分としては、今シーズン7回目のアイス。
トップロープでもリードを意識してスクリューをセットしながら、やることにする。
アックステンションなし
スクリューの間隔を長めに
スクリューのねじ込みをスムーズに
柔らかい氷ということもあってスクリューを決めるのは楽だ。
練習になる。

ときおり生暖かく柔らかな風が、吹いてくる。
ビレイ時に羽織るダウンジャケットもいらない。
体感的には4月の天気だ。
朝のうちは、小さなしずくで流れ落ちていた水は、
昼頃から雨のようになってくる。
凹状になったところにラインを取ると
全身びしょ濡れ。
まるで雨です。

大氷柱
午後2時に終了。
大氷柱には、一組。
登り始めたところだった。

水をたっぷり吸って重たくなったロープを背負って降りる。
相沢登山口に着いて気温は、10℃
東京は、20℃ぐらいまで上がっていたようだ。
この時期にしては、珍しい1日だった。

0 件のコメント:

コメントを投稿