2013-02-03

130203 二子山東岳

広場から弓状エリア

朝7時30分に高崎市真ん中集合。
今日は、ジムの仲間のかねださんとくにちゃんと3人。

万場町の先の青梨子から林道に入るが、
すぐ凍った路面になり、時間がかかる。
中里側の道路299号の方が広いのだが、除雪されておらず通れるのはここだけ。
埼玉側からも皆野町から林道に入り二子の東側からアプローチするしかない。
駐車場に着くとすぐ後から、にれいさんとりえさんが着いた。
二子の東岳は、初めてなのでよろしくお願いしますと挨拶したら、
ブログ(しかも最近のアイスクライミングまで)を見てるよと言ってもらえた。うれしいねえ。

股峠を越して9時半に東岳のエリア。
二段岩壁、弓状エリアを通り過ぎて一番奥の高台まで登り広場エリアに荷物を降ろす。

昨日と違って平年並みに寒くなるとの予報だったが、気温0℃。
風が弱く温かい。
2月初旬にしては、いいコンディションだ。

アップで高くのぼれ5.10b
ちょっと苦労するが、下から手順を教えてもらい登り上げ。

次にどこかとうろちょろするが、
何せ初めてだし、二子は辛いといわれているのでどこをやったらいいのだかわからずにいたところ
下からにれいさんに悪魔やるかいと声を掛けてもらう。
これが、悪魔のエチュードか。
弓状のど真ん中でたいそうかぶってるぜ。
りえさんの登りを見てだいたいのラインを頭に入れる。
にれいさんにビレイしてもらうなんて今までまったく思ってなかったし
雰囲気に圧倒されていたのでうれしや。

最初5mほど登ってやっと1個目のクリップ。
ここからが、実質的なクライミング。
ガバの連続で難しくはないのだが、力みまくり。
なんとか、テンション掛けずにリードで登り上げる。
降りてからグレードを見たら5.10a
うーむ。うーむ。
11とか12になっていったらどうなっちまうんだ?

この日、ここには、30人ぐらい。
みんな知った仲のようだ。
プロクライマーの松島さんも来ていた。
僕が知っている人は、4人。
男性は、20人ちょっと。
見た限り、男の中では僕が一番下のレベルのようだ。
さすがに真冬の秩父の山奥に来てまでやってるんだから、レベル高いすね。
しかも落ちっぷりもいさぎよい。
4~5mフォールなんてあちこちで普通。
女子が40m位の高さで10mフォールは、圧巻でした。

次に進められたのが、弓状エリア11cのビッグモモ。
アヒル登ってるし、ジムじゃもっとムズイのやってんだから、できるできると口車に乗せられて
リードで取り付く。
出だしで人差し指もげちゃったらどうすんだって感じで何度か苦労するが、
確かに普段ジムでやっているムーブのレベルでなんとかなりそう。
2便目で各駅ながら解決できそうなところまで来たので次回落としモードに入りたい。
壁に張りついてセミみたいになったのは、久しぶりで前腕が相当疲れた。

最後にクールダウン10aで
アップアップしながら締めて夕方4時過ぎに帰路につく。
まだやってる人がいたが、けっこうギリギリまでやってヘッデンで駐車場まで降りてくるのも普通らしい。

帰りは、青梨子に降りる凍結路面が危険だし、
埼玉側に降りる道も一度通っておこうということで皆野町に出てみた。
すぐに凍結路面は、なくなったが、かなり遠回りでした。
この週末は、アイスとフリーでたっぷり遊んで疲れました。

背中パキパキ

0 件のコメント:

コメントを投稿