2013-03-02

130302 相沢奥壁大氷柱アイス

4週連続
相沢の大氷柱
西上州は、他にもあるのだが、規模といい氷の発達といいここが一番。
アイスのホームゲレンデとなってしまった。

3月になり、
シーズンも後半になってきて温かくなってきた。
気温マイナス2℃

まだ、たっぷり残っているが、1週間で幅が少し狭くなった。
これまでの3週間は、右寄りからリードで登り上げたが、薄くなってきたため
真ん中よりに凹状のまっすぐ登り上げるラインを取る。
斜度は、より起っているのだが、今シーズン何人にも登られてステップができている。

わかりやすく言うと垂直だが、ハシゴに近い。

これまでは、気温が低いため指先が寒さを通り越して痛くなり
途中でテンションを掛けて回復させなければならないこともあったが、今週は、その必要もない。
片腕で体重を支えてシェイクさせればなんとかなる。

氷が柔らかいのでアックスも刺さる。
力を加減して刺さりすぎないようにするほどだ。

スクリューもねじ込みやすい。
ただ、ここらでスクリューを打とうと思ったところは、みんなも同じく思うようで穴だらけ。
ちょうどいい打ち込みやすいポイントから少しずつずらさなければならない。
柔らかいので衝撃を掛けるのは、怖い。

4週連続だから、精神的にも余裕が出てきて
スクリューの間隔を長く取っても平気だ。

念のため、スクリューをねじ込むときにアックスにフィフィでバックアップを取ったが、
アックスにテンションを一度も掛けることなく
今までより1本少なく7本で45mを登り上げてしまった。

リーシュレスフリーノーテンションだ。
もちろん今シーズン上達したからでもあるが、
今日のコンディションならそう難易度が高いわけではない。

まっちゃん、かないさんが、トップロープで。
かないさんは、2月9日に来たときは、垂直になる部分から上に行けなかったが、
今日は、垂直になってからも登り続けトップアウトし根性を見せてくれた。

3人で2本ずつやったところでよしとして終了。
今シーズンアイスは、終了かな。

0 件のコメント:

コメントを投稿