2013-04-21

130421 二子山東岳

雪の境目がくっきり

朝起きると雨がしっかり降っている。
赤城山もまったく見えない。

それでも二子に行くと約束してるので出発した。
待ち合わせ場所について二子に向かう道中もずっとワイパーを動かしながら。
神流町あたりから、国道沿いの家々の屋根には、雪が積もっている。

目的は、ほぼ、雨で濡れた弓状を確認するになり、
二子経由でベースキャンプに行くには、どのルートにするか話しながら向かう。

二子駐車場についてもまだみぞれが少し降っている。
長靴を履き、登山道に積もった雪を踏み締めながら弓状へ。



しかし、岩は、ぜんぜん濡れてない。


着いてびっくり。

山の斜面は、雪で真っ白なのに
岩は、濡れてないどころか、乾いている。

アホなクライマーがすでに7人も来ている。

今日は、M子さんとかねださんの3人でアップ。
ワーカーホリックとそのふたつ隣のトポに乗ってない10台のルート。
二子に珍しく90度以下のフェースのカチルート。
取り付くとホールドが小さくて見た目と違い怖い。
アップアップしながらアップを2本やったので体が温まる。
天気もよくなってくる。
というか、次第に晴れ間が出てきて日差しが当たると温かい。


山肌は、真っ白


ノースマウンテン
1便目。
最後のクリップをしてニーバーを決めたあとコルネの上に立つ。
昨日と同じ高さまで来た。
どうにかして手を出そうとするが、根性なし。
ここで終わる。

この日、弓状には、14人来ていた。
いつもの週末の半分以下。
人が少なく静かで集中できる。
まるで平日に来ているようだ。
自分のペースで取り付ける。

まったく問題なしで登ってる。

ずっと一緒にここに通ってきたかねださんのおいしいよのビレイ。
核心ムーブがこなれてきたので落とすモードに入っている。気迫を感じる。

ノース
2便目。
4つ目をクリップしてニーバーから飛び上がるように起ちあがったため
するっとスタンスから足が抜けて落ちてしまった。
そんなに力を込めなくてもホールドを取れるのにあきらかに力んでしまったためだ。
これで2便目は、あっさりお終いになったので3便目を出せる余力が残った。

アタック便は、1日3本が限界なのでこの日あと1本にかける。

ビッグモモであと一歩まで来てから手こずったのを思い出す。
すぐ落とせると思っていたのでイメージを固めずに出し続けてしまったのだ。
今回、同じ轍を踏まないように出だしから終了点まで何度もイメージの中でムーブを繰り返す。

あと3手と終了点といえば、すぐにでも落とせそうに聞こえる。
ここからの数手は、何度もやっているのでテンションをかけて回復させれば、できる。
しかし、1便目でテンションをかけて回復させたときに腕を揉んだが、カッチカチに固まっていた。
前腕が、限界に達している。
余力を残すには、スタートから終了点までのムーブをもっと無駄なくしなければならない。
集中させる。
ここでは、横になってじっとしているクライマーをよく見かけるが、同じだ。
回復させながら集中してせいぜい1日3便のためにじっとしている。

ノースを2~3便で落とすクライマーを何人も見てきたが、
自分にとっては、初の12台をこれで狙っているので
一大スペクタクル巨編なのだ。

3便目。
日中ポカポカだったのが、日がかげって夕方になり一気に寒くなった。
気合いを入れてTシャツ一枚になってとりつく。
中盤のコルネでキョンとステミングをして回復させるが、風が吹きつけて体温が奪われる。
岩も冷えて指が冷たい。
自分の息を吹きかけて暖めて後半に入る。
最後のニーバーを決めてコルネの上に立ち上がり、次の一手が出せる。
行くぞー!!と気合い満々で右手で縦ホールドを取ったが、
祠エリア
届いていて握っているのに指が凍り付いているように感覚がなく、力が入らない。
そのままストーンと4メートルほどフォールして終わった。


これで23便になってしまった。












0 件のコメント:

コメントを投稿