2013-05-19

130518.19 二子山東岳 ホテル二子

鮮やかな新緑。気持ちがいい。
130518
自宅からぴったり2時間。
9:45に弓状に着いた。
1人でラーメン師匠を待つが、こない。

ほとんどのクライマーとは、顔見知りになっている。
でも、挨拶程度しかしていないので迷ったが、他に方法はない。
よねさんに事情を説明して混ぜてくださいとお願いする。
ここに来るクライマーはみんな仲間だからとすぐに引き受けてもらえたのでありがたい。
話をしているとちょうどTさんM子さんが来たのでせっかくいい返事をもらえたのだが、
TさんとM子さんのアップに一緒にさせてもらう。

二子は、強くなると言われていたが、
フィジカル、メンタル、そして人間関係についてもたくましくなれる。

アップのあとおなかが空いてきたので腹ごしらえをして休憩。
しばらくしてTさんが声を掛けてくれたので今日の目標ホテル二子5.11cに取り付く。

1便目
まだ、ホールドがわかっていない。
下からTさんに教えてもらいながら登っていく。
1便目のあと下からずっとTさんに登ってもらったムービーを見ながらホールドと手順を確認する。

2便目
ホールドは、わかっていたのだが、
4つ目をクリップしてから次のホールドが取れない。
体の位置が悪かった。
テンションを掛けて足の位置を直す。
つくづく思うのだが、
何度もムービーを見て下からホールドも確かめているのに飲み込みの悪いやっちゃ。
下でビレイしていたTさんに肩と腕に力が入りすぎていると言われる。
いまだに初心者みたいにしがみついている登り、精神的に負けている。
2便目は、1度テンションを掛けただけでトップアウトできたので次からレッドポイントねらいに切り替える。

3便目
ピックモモを落としたときは、その日5本目。
ノースは、最後のコルネに立ってから12便も掛けている。
詰めが甘いのだ。
やはり、また、失敗。
明日もあるのでここまでにした。

130519
この日は、ホテル二子を落とす気満々。
1便目ホテルを出た後超力んでしまった。
最後のホールドを取り切れずフォール。

2便目をやる前に祠までジョギングして体を温める。
祠では、杉野保さんがクライミングスクール。8人ぐらいいた。
邪魔にならないように真ん中の祠の前でお参り。

ホテル二子のライン。イレブンでも傾斜は同じ
2便目
力まないように足に乗ることを意識する。
お参りの成果でしょうか。
最後のホールドもなんてことなく簡単に届く。

ホテル二子5.11cレッドポイント
合計3日7便
グレードを下げたのでうれしさは、少し。
これを落とせたのは、Tさんのおかげです。
このレベルならもう少し少ない本数で落とせるようにしたい。

次は、オ・ララー5.11bをもっと短い日数で落として
また5.12台のルートに取り組みたい。

0 件のコメント:

コメントを投稿