2013-05-11

130511 二子山東岳ノースマウンテン5.12a

斜面は、濡れてるけど岩肌とその下は濡れてない。



天気予報は、9時頃から雨。
二子は、雨でもできるので7時45分一人自宅を出発。
10時弓状に着いた。
すぐTさんとM子さんが来たのでアップを一緒にお願いした。
ワーカホリック5.10bのあと
ダイとゴン5.9(初)。見た目むずかしそうだが、そうでもなかった。

ダイとゴンを降りてくるとラーメン師匠が来た。
師匠のワーカホリックのアップをビレイ。

ここいらから雨が降り出し、ずっと一日中雨になった。
でかい被っている岩場なので岩とその下は、影響なし。

アップが終わったのでノースマウンテン1便目
2つ目のボルトの左のアンダーポケットのホールドを取ろうとしたら、
奥にコウモリがいてばっちり目が合ってしまった。
レッドポイントに王手がかかってるので気合い満々なのに。
コウモリのせいにするつもりはないのですけど、
最後のニーバーを決めてコルネの上に立ったところで下を見てしまった。
びびってしまい、フォール。

ノース2便目
3時になり師匠が帰ってしまったので熊谷のSさんにビレイしてもらう。
ひとりになってもビレイしてもらえる人ができてきたのは、うれしい。
最後のニーバーも両手を離しても大丈夫そうなほど余裕が出てきた。
コルネの上に立って右手をとって両足を一段上げ左手をとる。
今までは、ここいらでうなり声を上げていたのにそんな必要もなかった。
伸び上がって最後のホールドを右手を伸ばして取って終了。

レッドポイント

なんだか余裕だった。
レッドポイントの時って余裕で登れちゃったとよく聞くが、
おかしな動きをするから、無駄な力を使ってしまい登れないのだ。
レッドポイントというか登れたということは、それが解決できたのだから、
今までより余裕を感じて当然。

岩のひさしの外は、こんな感じ
これで11台のクライマーから12台のクライマーになった。
ロックアンドスノーの日本100名ルートのひとつでトゥエレブクライマーになったのもうれしい。
自分は、運動神経も良い方ではないし、年も取っている。
延べ日数15日31便もかかったけどそれでも登れたということは、
がんばれば、誰でも登れるルートです。

2 件のコメント:

  1. わっすごい!
    おめでとうございます!!

    返信削除
  2. あざっす。
    ノースは、まきちゃんが二子に来た日に始めたルートなので
    コメントもまきちゃんからってうれしいよ。

    返信削除