2013-07-28

130728 インクノット、マスト結び

この記事は、きわめてうちわのためのものです。
所属している山岳会の新人向けです。

結びの名称
名称は、4通り。すべて同じ結びです。
インクノット、マスト結び、巻結び、クローブヒッチ

目的
インクノットは、クライミングだけではなくヨットあるいは、キャンプでも使われています。
このムービーの目的は、その中でも
ロープを使ってセルフビレイを取るためです。
マルチピッチクライミングのみに限らず、ロープを出すような山行形態では、必ずマスターしておくべき基本中の基本の結び方です。

とても簡単な結び方ですが、一巻きした上からもう一巻きが、被さって力がかかるのでほどけません。
これで、自分の確保ができます。
シンプルでなおかつ素速く確実に目的を得られる。これがロープワークの基本です。

結び方は、両手を使って先にわっかを作る結び方や
木に結びつけるときのように後からわっかにする結び方もありますが、
このムービーは、カラビナにセルフビレイをとることに限定しています。

解説
自分の体側に延びているロープの末端は、ハーネスに結ばれています。
そのロープをカラビナに掛けてインクノットでセルフビレイを取ります。
カラビナのゲートが
右オープンと左オープンの両方向についてやっています。

どちらかのひとつだけ覚えていれば、済むとは限りません。
現場では、自分以外の人が、カラビナをセットすることがあるからです。




0 件のコメント:

コメントを投稿