2013-09-01

130831-0901 小川山 春のもどり雪 スラブ状岩壁

女子クライマー2名 華やかで絵になります。













8/31
1カ月ちょっと前に小川山でキャンプは楽しいなと思い、
軽い気持ちで所属している会の夏合宿を呼びかけたら、
20人以上も行きたいと。
やべっ、と思ったが、後の祭り。
そもそも新人知らないし、
ハイキングする人もいれば、
クライミングする人もいて、
ということで技術指導したり(自分で勉強もして)、
装備の確認をしたり、
計画書の打ち合わせをしたり、
面倒くさがりの自分としてはあり得ない状態をつくってしまった。

その日が来ましたです。

5:30集合
ハイキングの人達は、1時間前に集合して出発している。杣添尾根から横岳の予定。
クライミングの人数は、12人

廻り目平に着いてテントを設営してマルチピッチに向かう。
ガマルート2パーティー6人
春のもどり雪2パーティー6人

わたくしは、女子2名とともに春のもどり雪2番手パーティー
なんだか最近この会は、女子クライマーが増えつつあります。
そんなわけでこんなわたしでも女子と一緒に登れるおこぼれに預かっちゃうんです。
すいませんね。

まきちゃん初めてのルートだが、
リードやる気満々なのでラインとどこでピッチを切るか決めて行ってもらう。

まきちゃんのリードでスタート





















イグアナか?
























先週は、1ピッチを岩の真ん中の二本松で切ったが、
さらに登ってもらい2回目の懸垂下降の支点近くの岩にはいずっている松の木で取ってもらう。

2ピッチ目で春のもどり雪を登り上げるこんたんなのだ(^^)/。

セカンドあっこちゃんに最初の出だし急斜面のスタンスを教えてスタートしてもらう。
出だしを抜ければ、あとは楽ちんなのだ。

セカンドのあっこちゃん またイグアナか?























2ピッチ目わたくしリード
2ピッチで春のもどり雪の終了点まで届きました。
登り上げてロープの引き上げは、2m程度だった。
45mほど登ったことになる。
ギリでした。
8.3mmの細径のダブルロープを使い、
直線的なラインで
屈曲を避けるためにランニングは、ひとつも取らなかったが、
それでもロープに引っ張られて最後の凹角フェイスは、重かった。




先行パーティーの最後の凹角











最後の凹角












































先行パーティー 青組か?





















なぜだか、色がかぶった。 こちら紅組か?























この日は、駐車場に戻ってまだやりたい人でスラブ状岩壁にてフリー
5時過ぎまで遊んでしまった。



9/1
けっしてレベルが高い会ではないのですが、
体育会的なところがありますから早朝から行動開始なのであります。
クラックの体験ということで
朝4時起きで小川山レイバックに向かう。

彼は、これからボクシングをするのかも?






















10人ぐらいでクラックの経験者は、5人程度。
この人数でここを占有は、気が引けるので早朝のうちにやり終えるつもり。
リードでAYさんにトップロープを張ってもらい、
順番にとりついていく。
初クラックの者も全員ノーテンでトップアウトだったので予定より早く終えることができ、
最後にHAやん2便目でリードでトライもできた。
めでたくレッドポイントしておりました。

テント場に戻り朝食をすませて
今日もスラブ状岩壁にてフリー。
ゆるっと楽しい2日間でした。



0 件のコメント:

コメントを投稿