2013-10-27

131027 ブラストの終わりとハードボイルドヘルケイブ

雨上がりのブラスト

たけちゃんとケイブに直行するが、
前日の台風の雨のため
しずくがポタポタ落ちブラストの上部が濡れている。
しずくが引くのを待つため午前中ゆったりとアップをして過ごす。

昼になり、たけちゃんが1便目からヌン掛けをしてくれる。
ちょうど掛け終わったときにこういち君が来た。

1便目
フルアタック
ハングの上を取り左にトラバース
最後のボルト右のガバを取ろうと手を出すが、
ビシャビシャで躊躇してしまった。
ここでパンプして終了。
あー、もう、くっそーだ。

2便目
1便目集中が足りなかった。
呼吸も浅くなっていた。
取り付く前にイメージを作り、息を吐き集中する。
服(もち上半身だぞ)を脱いで気合いを入れ取り付く。

ハング上まできた。

まだまだ腕は力が残っている。
ホールドは、まだ濡れている。
いけるぞー。と自分に気合いを入れアドレナリン全開にして突っ込む。

ブラスト落としました。


5.12台やっとこさ2本目。

ヘルケイブは、5.10台のルートもありますが、
5.12以上のクライマーが中心になるハードなエリア。

というわけで
「ブラストの終わりとハードボイルドヘルケイブ」

今回は、2年前に一度だけさわって
7/6、7/28、
8/25、
9/14、9/15、9/21、9/22、9/28、
10/12、10/13、10/14、10/19、10/20、
夏の間、自分のやりたいこともできなかったので間が開いたため期間もかかってしまった。
便数は、9/15になっても出だしのガバ取りができなくて
失敗しては、最初からやり直しを何度もやったので
それを1便ごとに数えると何便だかわからないほど。

5.12台を1本落とすのにこれだけ時間がかかっているということは、
ギュリッヒのフリークライミング上達法的には5.11台のエキスパートレベルということ。
まだまだだ。

僕がブラストをやりたくてヘルケイブにつきあわせてしまった人。

あーやん
おんちゃん
くにちゃん
けんちゅわん
こーいちくん
さとうさん
さくちゃん
はたやん
ふかちゃん
まっちん
まっちゃん
まきちゃん
みきちゃん

この中で5.12台以上の人は、2人だけなので他の方には無理させてしまいました。
どうもありがとうございました。
お礼にご希望のルートのビレイします。
僕が張れるルートならロープ張ります。



お友達フリークライマーが、
某山岳会の山行報告用ブログに書いた
有笠サンダンスエリアのページタイトル。
「ダンス・ダンス・サンダンス」
.........フリークライミングのブログタイトルに村上春樹
やりおるわい。
ワタクシも村上春樹ならそこそこ読んでおります。30冊ぐらいかな。
なので、
ブラストを落としたあかつきには、このタイトルをとっておきましたんです。
























0 件のコメント:

コメントを投稿