2013-10-26

クライミングクラブチームクマさん

久しぶりに以前一緒に山をやっていた友人達と会ってきた。
すでに山岳会に入っていたり、
どこにも入っていなかったり、
それぞれが、そこそこのレベルで山をやっているので盛り上がった。
ああでもないこうでもない話をしてきたのだが、
一緒にやろうぜということになった。
もちろんやるのは、山関係。

それぞれに山をやっている者だから、
山の組織のいいところ悪いところを実感している。

山岳会に入っていてもそれぞれが違う会なので
A会に入っているあなぐま君とB会に入っているアライグマ君のふたりが一緒に行くとして
それぞれに入っているA会の個人山行とB会の個人山行を一緒にするという考えもありだが、
なんか不自然だ。
いちいち説明するのも面倒だぞ。
これはもう、それぞれが、入っている会とは、別個の話。
会員外の人との山行禁止みたいな会には入っていないし、
そもそも会の外部の行動まで規制する決まり事って効力あんのか?
そんなふうに話し合っていたら、
じゃあ俺たちの山の会の山行にするかとなった。

こちらの仲間でやるときの会ということだ。
そんな会だから、既存の会に軸足の中心を置く者もいるし、
既存の会に入っている人は、掛け持ちになるだろう。

そもそも山岳会の定義はないのだが、
山岳会というと岳連系やら労山系みたいに組織だったイメージがするので違う。

好きな者が集まった同人が意味としては、あてはまりそうだが、
なんだか、オタクっぽい表現だ。

何という表現が当てはまるのか。
なんでもいいのだが、とにかく山の会。
どこぞの系列組織に加入することはない。
仲間内なのだから、会長とか役員とか事務局とか必要ない。
やりたいこととスケジュールの都合が合うときに連絡しあって行けばいいのだ。
入会金も会費も無し。
山に行く決めごとのようなこともわかっている者同士なので会則もなし。
会山行やら会行事もない。
というか忘年会とかやりたければ、たまに飲み食いしようぜで済むのだから、そもそも必要性もない。
人数が少ないので連絡は、メールで済むのでMLとか、掲示板とかブログとかも必要ない。
会員募集するような会でもない。
仲間内で「それって興味あるから自分も混ぜて。」「あっいいよ。じゃああんたも会員。」で済む。
そんな話をしながら出てきたのだから、考えようによっては、会の成立としては理想的なのだ。

とりあえず名前を決めようとなった。
俺たちは、○○会ですなどと外部に公表して活動するわけではないのでなんでもいいというノリだった。
じゃあ、クマさんチームでどうだ。となったのだが、
もうちょっと何とかならんか、安易すぎるぞということで
何ともなってないような気もするんだが、
チームクマさんになった。

自分たちがわかればいいんだから、これでも良しなのだが、
チームクマさんて何の会だかわからんだろうとなった。
では、
山のクラブチームクマさん
かっこわりいー。
ゆるキャラみたいじゃねえか。
じゃっ、じゃあ、
クライミングクラブチームクマさん
どうだ。
いっいいかな。
まあ、いいか。

さて何をするんだか、
案外がんばっちゃったりして。

0 件のコメント:

コメントを投稿