2014-03-29

140329 湯川クラック


On君フォーサイト5.10ab

























1カ月以上何もしていなかったのかというとそうでもなく
深谷ジム中心で
ジムは、いちいちブログに書かないので
しかもそのジムの12aをどうしても落としたくなってしまってずっと深谷ジム
荷物は、かごに入れてサンダル履きでもいいし、
アプローチはないに等しいし、
お昼は、ちょっと外に出れば、ファミレスやらなんやらで暖かいものも食べられるし、
ぬくぬくに慣れきってしまいました。

でも、外岩も行ってましたが、
こそこそ隠れて悪いことしてるわけじゃないんですが、
これまたブログに書けない事情もあったりして
つうことで久しぶりのブログ更新でして

上達しているかどうかはともかく
しっかりクライミングには、いそしんでおりました。

本日、佐久の湯川クラックです。
あっちは、まだまだ寒いんじゃねえのか、
指がもげるほど冷たいんじゃねえ?
大雪があったから、道ズホズボじゃねえのかと思っていたし、
去年クラックはまともにやったのは2回だけだったためほとんど上達していないし、
まったく想定外でした。

久しぶりのOn君からのお誘いで
なにやらクラックであぶみを使って練習したいと
????
イメージわかねえ。

しかし、自分のやってないことって
あーそうだったのかってなことになることがあるので
なんだかわからないけど、行ってみようじゃないかと。

たぶんここは、斜面からの雪崩で残っているのかと














着きました。
林道の途中まで。
雪がこんもりで車は、ここまで。
たとえここの雪が溶けたとしても途中、岩がごろごろ














これは、人力で何とかできるわけでもなく
しばらくは、ずっと手前に車を駐めて(しかも駐められるスペースは、すくなさそう。)
歩くしかない。

アイス白髪エリア右岸ですね。

















岩の下近くまで来ると1月に来たアイスの白髪エリアが、
まだ、氷が何となく残ってます。
でっ、できなさそう。

林道からのアプローチ斜面は、相変わらずどろどろグチャグチャ
















岩に着きました。
まずは、デゲンナー5.8
On君リードで。













まっちゃんつづく。














フォーサイト5.10ab
これもOn君がリードをしてくれる。

北風小僧5.9
また、On君リードで。















去年の秋口に
On君うちの会にはいんの?はいりますよ。で入ってきた彼なのだが、
こうなるとトップロープを張っていただけるありがたい師匠と呼ばなくては、
髪の毛のチャリチャリ感といい
WideBoyzのTomRandallに思えてしまいましたよ。

クラック歴の少ない自分は、この日は、デゲンナーをトップロープで何本かやって
ジャミングの決まった感を思い出せればいいかなと思っていたが、
デゲンナーは、グレードの割には、手の厚みよりもやや広めのゆるハンドサイズで決めにくい。
お約束のイタタイタタになったのでありました。

フォーサイトを疑似リードでトップアウト

















フォーサイトと北風小僧の方が
高さと斜度もあるけどフィンガー、シンハンドを決めやすくて登りやすく
決まりすぎて指が抜きにくいほどのフォーサイトで
調子こいて、トップロープでカムを決めながら疑似リードの練習までしちゃって
思った以上の手応えを感じたのでありました。

来てます。春です。
直射日光を浴びた温度計は、

その後、クラックであぶみを使って練習に、
プロテクションを決めたらあぶみを掛けて乗ってみる。
ナッツやカムに荷重をかけるのは相当自信につながるとなにやら雑誌で調べてきたとのことで
なるほど、
トップロープの疑似リードだとレッドポイント想定なのであれこれ試すことはないのだが、
あぶみで一歩ずつとなるとトップアウトまで何度も
プロテクションをとることになり、
結果、プロテクションの取り方に集中できるということだ。

トップロープ、あぶみでプロテクションを決める練習


クラックってヘタほど手皮こすってヒリヒリになっちゃうんだよね。


0 件のコメント:

コメントを投稿