2014-05-11

140510-11 城山エキスカーション

エキスカーション4ピッチ目小粒になった僕たち




















































連休明け直後の週なら高速道路もすいているのではと都合よく予想して
みんなを誘って伊豆の城山まで行ってきました。

140510
朝4時30分に前橋を出発し8時に城山の麓にある駐車スペースに着
初城山は、案外緑におおわれている。
自分のイメージでは、下から上までどーんとどでかい一枚岩が、聳え立って見えると思っていたが、
おそらく雑誌なんかの写真は、壁を大きく撮っているからなんだろうか。
南壁下部にたどり着いて見上げても思っていたよりも幅がない。














1日目は、新人2人が、外岩がほぼ初めてなので
自分とM君と4人で南壁の下部で練習
他のクライマーにルートを教えてもらってトップロープを張り、
立ち方を覚え込ませるためトラバースをしてもらったり
自分達も10cのルートで遊んだりして過ごした。

結び替えを教えるM君














思っていたより人が少ない。
暑くなってきてシーズンオフなのだろうか。

他の5人は、南西カンテにマルチピッチ。

新人女子いきなりハイステップ!!撮影用ポーズか?

140511
2日目
自分とM君は、エキスカーション5.10c
M君は、フリーで11dを登っているのでパートナーとして大丈夫と思い、
どっちが先にやる?と聞くと3ピッチ目が核心なんでお願いしますということで
1ピッチ目自分がリードでスタート。
1ピッチ目を終えて2ピッチ目を見上げこっちのラインで行ったらいいんじゃないのと言ったところ、

だめです。リードできません。
以降ずっとリード自分。

2~5ピッチが、グレード付けでは10aだったり10cだったりするのだが、
体感ほぼ同じグレードが続く。
下からだとどのホールドをどう使うかが、わかりにくい。
前腕で保持したままバランスの悪い姿勢で次のホールドをさぐったりするので消耗する。
ところどころ、予想に反したもやっとしたホールドで引き上げざるを得なかったり
次の一手がわからないまま遠いホールドを突っ込んで取りに行ったりと神経を使う。
残念ながら、オールオンサイトはならず。
クイックドローにセルフをとってホールドを探ったりしてしまった。
登り上げて見下ろせば、たぶんあれだったんだろうなとわかるし10台のルートであることもわかる。
マルチの初見は、自分にとって10台でも難しいことを感じさせる。

3ピッチ目当たりから高度感が出てくるし、
下から見上げたのと違って1枚壁のスケールの大きさを実感できる。
エキスカーションは、全ピッチ終了点もランニングのハンガーボルトもしっかりしている。
左右には、何本もケミカルやボルトのラインがひいてある。
南壁は、下部のシングルフリーにもおもしろいルートがあるのだろうが、
やはり豪快にピッチを重ねながら壁を登り上げるエリアなのだとわかる。

4ピッチ目フォローM君 いっぱいか?

























これから5ピッチ目三日月ハング


M君は、フリー11dでも
マルチピッチが2回目なのと
フリールートをオンサイトトライする経験もまだ少ないため
1ピッチ目で余裕は、ほぼなくなってしまいずっとフォローでも気持ち折れそうなままだった。
最後の6ピッチ目は、7メートルぐらいだし、左に回り込んでテラスを使えば、簡単そうなのでやってもらった。
強くなるためにいい経験になったと思う。
自分は、最後のピッチは、フォローなのでボルト直上をやって見たが、
これは、トポでは5.9だが、直上は、ムーブ的には10台はあるけど短いので5.9になってしまったのかな。

下りは、懸垂3回
スタート地点に戻ってくるまで4時間ちょっと。
天気快晴で南向きの壁に直射日光が刺し
暑さで少しクラクラでした。
土日なのに人が少ないわけですね。
ここで夏にマルチピッチルートをやったらひからびて熱射病です。
自分もかなり疲れました。

マルチピッチフリールートとしては、やりがいがありました。

無事帰還






























0 件のコメント:

コメントを投稿