2014-06-22

140622 深谷クライミングヴィレッジ

年を取りつつがんばっているおじさんを
控えめなそぶりを見せつつ
うしろからひたひたと追いついて抜かそうとしている2人がいる。
1人は、一回り以上若くてしかも元体操選手。
もう1人は20歳以上若くてエセ科学者風(意味不明か?)。
どう考えたってあっさり抜かすだろう。
こんなおっさんをベンチマークにするなっての!(気のせいか?)




その2人が、そろそろ12台に手を出したい、二子弓状に行ってみたいと言ってきたので
10日ほど前に天気予報を見ていたら雨がほとんどない日がずっと続くのでチャンスかと思い、
3人で二子を予定した。
しかし、直前の2日前から雨になり、前の晩からずっと降り続いてしまったので中止。
深谷ジムにした。

ジムで3人で相談。
結局のところこの時季12台をやるんなら消去法的に有笠しかないんじゃね?となった。

深谷ジムは、さすがに外岩がどこもできないとあって知り合いが、9人も来ていた。
自分は、ここのところずっとやってる5.12b。
天井ルーフの2/3まで伸ばす。
そこでどうにもこうにも腕がもたずにワンテン。
あとホールド三つだが、遠いなあ。
限界グレードを5便出したので夕方にはヘロヘロ。
疲れすぎて寝返り打つのもきつくて夜寝つけない。
翌朝はげしく筋肉痛だが、
がんばってる感たっぷりの筋肉痛フェチなので快感。

自分の場合、
伸びしろが少なくなってきているので
そろそろ上達が、止まるかなとも思ってる。
たまには、息抜きクライミングをすることもあるんだけどそれはたまにで
まだまだ自分の限界のところで出し切るクライミングを続けていたい。

僕が勝手に尊敬しているクライマーに50代後半で二子の任侠をトライし続けている人がいることだし。
ラーメン師匠もこないだ見たら60歳をとっくに過ぎてまだまだ登れるし。
世界には、60歳過ぎて5.14クライマーになった人もいることだし。


0 件のコメント:

コメントを投稿