2014-07-13

140713 有笠ヘルケイブ

師匠。60代半ばになりつつあるのにたいしたもんだ。落としてもらいたいね。

朝7時30分にMdさんと待ち合わせて有笠に向かう。
前日、MR君が、ブラストを落としたとのことで
初12台挑戦で3週間でものにしてしまった。
この調子ならあっという間に抜き去っていくだろうから、
僕を見捨てないでとメールしておいた。

ケイブには、
すでに2人来ている。
最初誰だかわからなかったが、
去年の10月14日にここであったMさん。
今まで2度会ったが、2度とも帽子を被っていたので記憶と一致しなかったようだ。

今日のルンルンしんすけは、
クイックドローのセットをしてから
3便だし

3つ目のクリップの右足位置を確認。
結果、先週と同じでOK。
だが、どうもしっくりこない。

4つ目のボルトのクリップが、相変わらず厳しい。
何度か練習のつもりでやってみたが、
自分の手汗なのか、
今までのクライマーの手汗でしっとり濡れたままになってしまっているのかわからないが、
何度もできずにそれまで。
ばっちり解決とはならず。
今日は、ルンルンが1人でよかった。
自分の手汗だったら他のクライマーに迷惑を掛けてしまうからだ。

4~5クリップまでの間の伸びて取るところは、確率は高くなった。
右手を伸ばして取ったときしっかりかかった感が得られないと不安だったが、
ざっくりでも保持できるのがわかる。
このパートの自分的な難易度は下がった。

よくジムの被った壁でも言われてることだけど、
ルンルンの中間部は、壁に対して重心を垂直にしないと登れないのが、よくわかるパートだ。
引力に素直になってしまって重心を落とすとはがされてしまうからだ。

上部核心は、
右足を思いっきりハイステップして力を消耗していたが(たぶんかっこいいけど)、
省力化するためオーソドックスなスタイルで試す。
今までのと同じ確率でできるので変更。
全体を通してスムーズになったかというとまだ改善の効果は、実感できてない。
今日は、立ち止まっていろいろ試してみた日ということかな。

4つ目のボルトクリップが、しっかりできるようになれば、
それ以外は、だいぶ動きは固まってきたので
どんどん便数を出して動きを洗練させていく段階になる。
自分の場合は、その段階になってもずいぶんとかかるのでまだまだ先は、長い。
クライミングには、忍耐力も必要。

翌朝、筋肉痛が少ないので少しは、動きが洗練されていたのかも知れない。

この日ケイブには、僕たち以外には、
午前中2人。
昼から2人。
僕以外は、みんなブラストオフだった。

帰り際東側の登山口で久しぶりに茨城のSさん達に会う。
たまに有笠に来ているようだった。
今日一緒のMdさんも5月にフェアリーでSさん達と一緒だったとかで
この世界、つながりができると案外、近いものになるもんですね。


0 件のコメント:

コメントを投稿