2014-09-23

140923 藐姑射岩

冬のいざない2ピッチ目のSSKさん



久しぶりにSSKさんと一緒だ。
今年の1月足尾の松木渓谷ジャンダルムで冷蔵庫ほどの大きさの岩ごと転落したという。
今でも指の握る力が戻ってきていないようで11台がやっとで
フリーでもドライでも高難度は、無理かなーと言っていた。

朝廻り目平の駐車場に入るところでYneさん、
駐車場に入ってHmtさんと顔見知りに会う。
それぞれそらまめ、タヌキ岩のとろろだそうで
さて僕たちは、その場で相談して
藐姑射岩(はこやいわ)でクラックとなった。

金峰渓谷の奥の方にずっと入っていく。
今月初めに行ったお殿様岩より倍以上。
右森林浴、左冬のいざない1ピッチ目
ここまで来ると静かだ。
水が流れる音もなく
木の枝を風がゆらす音とキツツキのコツコツコツという音がときおり聞こえるだけだ。
ほとんど人が来ないところと思ったら
冬のいざないが人気ルートだし、
クラックのリードデビューにちょうどよいルートもあるしで
講習会があったりして結構来てるそうだ。

森林浴5.8
冬のいざない1ピッチ目5.9
冬のいざない2ピッチ目5.10c
大和なでしこ5.8
冬景色5.7

5本やった。
右コーナー大和なでしこ、左冬景色
冬のいざない2ピッチ目は、
後半のゆるく被ってフレアーしたハンドからフィストサイズが決められず、
トップロープで張ってもらっては、次の一手を出しての連続で
まったく歯が立たなかった。

他の4本は、何となくジャミングが決まれば、
フェイス登りで登れてしまうのでまだまだクラックは、へたくそでした。

フェイスは、ジムでも練習できるけど
クラックが、練習できるジムってほとんどないので
機会があれば、クラックをやっといたほうがいいような気がしてきた。
花崗岩のフェイスになれてないし、
これからは、小川山に来る機会が増えそうだ。

金峰渓谷の奥なので廻り目平も見えない。

0 件のコメント:

コメントを投稿