2014-11-03

141103 二子弓状




岩場に着くまでは、あちこち染み出しだろうと思っていたが、それほどでもなかった。

ワーカホリックでアップのあとは、
火の鳥のリピートをしてそれからペト(12b)をやろうとしたら、
KDさんに「今日からペトでしょう。」と背中を押されてしまった。

よしっ、
オープン戦みたいなことはおしまいにして
ペトの下に立ってヌン掛けができそうかホールドをたどってみる。
ホールドはわかりやすくなんとなく7つめまでのセットは、わかった。
ただ、最初のクリップまでは、マスターだと3手以上かかりそうだし
出だしのぶら下がりで失敗するとビレイヤーを引きずって斜面をころがり落ちるので怖い。
しかし二子では、プリ棒を使わないようにしたので持ってきてないし、
できる感触があるのだからひよらずにマスターでとりつくことにした。

これにて本気モードに切り替わり、二子シーズン開幕。

とりついてみると予定どおりのホールドではいかず、あせってしまったが、結果的には、杞憂だった。
一気に三つめのボルトまでセットし、
探りながらだったので腕を消耗してここでセルフをとる。
ここから各駅になったが、なんとかなるもんだ。
五つめと八つめが際どかったが、クイックドローのセットができた。
ついでに最後の核心を探ってから降りる。

この日は、このあと2便出し、
最後の核心までほぼ解決。
最後の核心も正解ムーブではなかったが、伸び上がって止められたのでペト初日にしては、いい感触。
あとは、核心ムーブと核心手前のレスト
ここで、
クイックドローが掛かったのでHさんが、やらせてほしいと。
やったーで、どうぞどうぞで
お手本を見せてもらって
その上、ニーバーで休むポジションと核心ムーブまで教えてもらった。
なるほど最後の核心は、デッドでなくてもキョンで伸び上がれば届くんだ。
しかし、キョン苦手どうしましょ。

とりあえず火の鳥をやっといて良かった。
ペトのほうが、やりやすく感じる。

今日の弓状は、秋晴れで気持ちがよく
岩場は、思った以上に乾いてきて時間がたつごとに状態がよくなってきた。









0 件のコメント:

コメントを投稿