2014-12-06

141206 二子弓状

アップのダイとゴン:MCくん

金曜日東京で仕事後、飲み会で泊まり。
ゆっくり朝寝すりゃいいのに、
二子のために6時始発の新幹線で高崎までビュン。
そりゃあ、先週クライミング休んだし、いかねば。
素晴らしい意気込みなんであります。

しかし、気持ちとはうらはらに行く途中には、雪雲じゃね?
みたいなことになって真冬の二子の一番寒かったときの記憶がよみがえってきたんであります。
モチベ下がりまくり。
腰の筋肉痛も治ってなくて
のけぞろうもんなら、じーさんやー、みたいになってるし。
グタグダ寝てて山の店でも回ってたほうが良かったかなあ。

雪です。さっぶー。
弓状に着いても気温-2度
そうは言っても来ちまったんだから、
やりますよ。とりあえずアップ
ワーカホリック
あー登れる。
良かった
もう一本。
ダイとゴン
もう、登れることを確認できただけでも十分ですが、

ペトこわごわと一便だし、
日中最高でも0度では、
あっという間に手の感覚なくなり、
ストーンと石がラクー!じゃなくて
クライマー、ラクー!
っつうか、フォールのことなんですが、

テンション掛けて
手のパンプではなく、冷えた指先の感覚を戻すため、
左手を首筋、右手おまたで温め、
なんだがおまたは、いまひとつ温まらない。
ズボンの上からなので暖かいのが伝わってこないのか。
ハーネスが邪魔でポッケから突っ込むのもできん。
それとも、もしかしてちっちぇ、のか?
まあ、おまたは、手を温めるためというよりもタマタマを冷やすためだからちげーよ。

こういう時は、いろいろ工夫をするんであります。
手に息を吹きかけて温めて
そうだ、目の前のポケットホールドも温めようとして息を吹きかけたら、
ブワッとチョークが舞い上がって顔に返り討ちを浴びてしまったんであります。
学習しました。
先にブラシでチョークを落とすべし。

とりあえずトップアウトして
腰も大丈夫、意外に登れるじゃん。
最後の核心もスタで取れるじゃん。収穫。
ていうか、腰が伸ばせないのでスタでしか取れなかったのだが、

この日は、用事があって午後3時までだったしペトは一便でおしまいだったのでした。
腰には、後から少し張りが出てしまった。

左のちびっこは、おいしよ5.12c


0 件のコメント:

コメントを投稿