2015-04-05

150404-05 二子弓状


ずっと霧の中。できなくはないという感じ。


4日

11台のマルチピッチをやってみることになったので
その前に11台のオンサイトトライをやっておこうと弓状に荷物をおろして祠にむかう。
祠は、話がピーマン10aとシリアル10dしかやったことがないのでどこがどのルートかわからず。
ちょうどHGさんとHのさんがいたのでルートを教えてもらう。

まずは、ごんべえ11a
さっさとロープを出して先にトライしようとしたが踏みとどまる。
MJに同じグレードのクライマーになったんだから先にやってもいいぜとけしかける。
MJいい人。
マスターでオンサイトトライ
惜しくも最後の核心でテンション。
その後解決して終了点まで。

次に自分がトライ。
ビレイしてたもんですからフラッシュ。
最後の核心は、気合いで。いいルートでした。

もの足りない。
もう一本やっておきたくなって
HGさんが、鬼ガ島11cにぬんがけしたのでやってみることにする。
下から見てごんべえの倍の高さがある。
無理かなーと最初から思ってしまった。
これがいけなかった。
あと2クリップと終了点まで登ったところで集中力が切れてまあいいかでテンション。
そのあとトップアウトしもうちょっと粘っとけば良かったかなでした。
初見でも祠の11cをなんとかできるので満足。

11時半ごろ弓状に戻る。
弓状は、越冬組がだいぶいなくなってスタッドレスタイヤなしで来ることができる人が増え
8割方入れ替わった。
この日は、一日中、霧が漂っていたため壁は、結露したように湿っぽかった。

おいしいよー1クリップ目からピンチ取りまで
おいしいよー
1便目に最高到達点を3手のばす。
5クリップ後に羽根ガバとれてうれしや。

2便目
Iさわさんに泣いてお願いして5クリップ目から6クリップ目の登りを見せてもらう。
バッチリいたいだて修正
ピンチ取りからグーレストのポケットまでを
正対から右膝を左に向けて深く曲げ、右腰を壁に近づけることでうまくできた。
2便目は、7クリップのバケツまでとする。

3便目は、ただの筋トレ便でした。

この日からMJが火の鳥。
使うホールドとかムーブを言わないようにしていると
1便目からそんな登り方見たことないぞのオリジナルのホールドとムーブ満載でトップアウト。
登りに派手さはないんだけど基本性能が高いんだな。
また、自分より早い期間で落とせそう。
おれよか14歳も若いんだから当然か。








5日

朝から筋肉ギシギシ。つらいよー。

この日も弓状は、一日中、霧のなか。

今日のおいしいよー
1便目
羽根ガバが取れたので拝みからピンチ取りを止めようとしたが、ピンチ取りのときに左足が抜ける。
急いで出さねばの気持ちで焦ってしまい雑に置いてしまった。
バケツホールドの7クリップまで

2便目
しっかり左足に乗ってピンチ取りにいったが止まらず。
テンションをかけてからだと簡単に止まるのだが、こういうことか。

6クリップしてグーレスト。
今までは、ここでまたテンションだった。
あいかわらずグーレスト決まらず。
グーなので指で握る力は使わないのだが、引き付けるため上腕三頭筋をめいっぱい使う。
休めないままに続けて出す。
バケツのふたつ前の薄縦カチ右手で保持できずフォール。
ここもテンションを掛けずにつなげるのはきついというかグーレストなんとかならんか。

問題は、ムーブを自動化するだけではなく無酸素運動の限界域をあげねば。
さすがに12後半になってくるとムーブもきつくなるし、筋持久力もさらに必要とされる。
何から何まできつくなるわ。
鍛え直さないと登れないってことか。

3便目
なんだかカネゴンがやる気まんまんで任侠を4便だすと言う。
自分としては、今日は2便出しとけばいいかなと思っていたが、ほだされたってわけで3便目
さすがに5クリップ後の羽根ガバとれず、一回テンションをかけて6クリップまで
ここいらだんだんとスムーズになってきた。

帰りの車の中でSDさんは、グーレストで腕を伸ばしていられるという。次回試してみようと思う。

おいしいよー
今までやってきたルートとは、自分の感じ方、気持ちの持ちようが違う。
肉体的にはきついし、余裕もないし、いつまでかかるかわからないが、
精神的には、きついとは感じないのだ。
これは落としたいというやりがいがあるし、落としてみせるという気持ちになれる。
自分に向いているルートなのかも知れない。

少しずつだが、繋がり始めた。

夕方になってやっと視界が広がった。



0 件のコメント:

コメントを投稿