2015-04-25

150425 榛名黒岩


本日は、榛名黒岩。
朝6時30分に家を出る。
余裕過ぎるくらいに出たのは、写真撮影。
この時季、黒岩に行く手前の景色がいいんです。







 
クライミングのスタイルは、人それぞれ自由だけど、
ふと、なんのために外岩にいるんだ?
リードクライミングなんだからひとりじゃないんだぞ。
一緒にいる人とも楽しい時間を過ごせないととなってしまう。

二子のおいしいよーも続けたいんだけど
外岩なんだから自然を楽しんで
リードクライミングは相手が必要なんだから仲間といい気持ちで
クライミングはスポーツでもあるんだからうまくなれるようにもチャレンジする。
これ3つを両立させて夕方ヘロヘロになるまでがんばって
今日も一日遊んだなーっていい気持ちになれないとね。

アップ
岳友会5.9からそのまま月に吠える5.11aまで40m登り上げ、
夏子5.8、一緒にいたTK君が、核心を新ワザでやったので自分もテラスの上の出っ張りにランジで両足ブラ。

5.11a西18番ルートの仲間達。タワー状にあるルートで登り上げるのが気持ちいい。



































黒岩だからってゆるくエンクラではないです。
アップ後、おきて5.12a

黒岩のおきてを紹介させてくれ。

ちょっとマイナーな岩場(群馬じゃメジャー)で
日陰のめだたないところにあって
雨が降るとしばらくできなくなって
ビレイするスペースも狭くて
なので
ほとんどやる人がいなくて
いいルートだって言う人もいなくて
当然知られていないので
壁は、土だらけで
クライマーもビレイヤーも口や目に土が入ってくるし、
いちいちホールド掃除しなくちゃならないし、
どっ被りでないので派手なムーブはないカッチカチの薄かぶり
しかも、辛い12a

どっ、どうだい!やってみてー!!って
思わねえよなあ。
岩場と場所のせいで人気ないんですが、
小川山とか二子とかにあったらちょっと手強いんじゃない?と
結構話題になるとおもいます。
やりがいのあるルートではあります。

2年前にさわってからそのままにしてあったんですが、
2年の間に少しはうまくなったんじゃないかと
12bをそこそこ登ってるんでワンデイは無理でも解決はできるかと
思ったんですけど。

3便出しました。
一カ所を除いて解決。
上部の核心、
両手カチで引き付けーの
右足に乗ってフラッギングで左手デッドを出しーの
ひっかかりのない甘いホールドを取りにいくーの。
距離は出るけど、ピタリとタイミングが合わなくて
勢いが付いて止まりませんでした。
このやり方だと
腕がパンプしたところでボルダグレードで1級~段以上、
ありかな?
ロアダウンの時に保持してみた。
スタティックなら止まる。
やり方が違うのかも。
つまり、核心のムーブが解決できた自信が持てない。
宿題です。
これは、通わないとダメかも。


これが「おきて12.a」みんなが登るフェイスのわきっちょにあるです。


黒岩は、
南面、東面、北面とエリアは、3つに分かれているんだけど
この日は、全体でも20人程度。
去年ジムで12bのビレイをしてもらい落とせた時の人達にも会えたりして
ゆったりとして木々の新芽の緑が優しくて曇りになったら寒かったけどいい時間が過ごせました。













0 件のコメント:

コメントを投稿