2015-05-31

150531 榛名黒岩


朝8時から夜7時まで黒岩にいました。

クライミングを始めたばかりのT君と
クライミングを始めて1年のK君の3人
3人なので余った1人では登る訳に行かず、ずっと一緒に行動。

オケラ5.8と西稜4級は、自分が出ることなくなんとかなっていた。
しかし、自分のアップの岳友会から月に吠えるの後、出番が始まる。

西18番ルート11a途中敗退のため代わってリード
トライアンドエラー10b途中敗退のため代わってリード
アヒル11cをトップロープでやりたいとのことでリードでついでにツルも登ったりして。

こんなわけで自分もあちこち登ることになって初心者も含めて3人ずつ登っていたので
時間がどんどん過ぎていき、

日本100マイナールートの一本であります(私が勝手につけたんですけど)おきて12aは、2便でした。

いいのいいの承知なんだから。
最初の頃は、師匠に同じようなことをさんざんやってもらってましたので。

しかし、上部核心止まんねえ。
ロープを張ってもらってホールドを取った状態をやってみると止まっていられる。
だからできるはずなんだが、
手足の連動したかっこよく言えばファンクショナルな動きができない。
運動神経の悪い自分には、回数がどんだけかかるか気が遠くなりつつある。


そんなんでお昼ご飯も午後2時過ぎになってしまってそれでも最近豊かな食生活でして
今日もあの食堂っぽい。
豚汁に
ポテトサラダ(エレクト大木じゃねえよ。)
焼き豚入り炒めご飯

























それで最後は、お約束のこれ






















見る人はわかる。
あー、やっぱりだな。
午後6時30分みんなが帰ったツル稜で
また居残り練習。

新人にまでツルをやらせて
終了点作ったんだから意地でも登れとか言って
K君この時間では、腕が疲れていてトップアウトできずに練習岩から登って回収してました。
夜7時までできるぞ。

ちなみにこの2人の写真を見てると
ふたりともひょろっと長身で
アンガールズっぽい動きに思えてしわまないかい?


それにしても黒岩に来るクライマーを見てるとなんともはやなんですの?になってしまう。
まあ、自分も昔はそうだった。



0 件のコメント:

コメントを投稿