2015-07-26

150726 有笠ヘルケイブ


昨日あんなに涼しくてクライミングに集中できるカサメリに行ったのに有笠ヘルケイブに戻ってきちゃった。

なんで来たのか、
この日のブログの文章を用意しておいたんですけど
理由は、あかせなくなってしまった。
たぶん、クライミングとは思った通りに行かないものなんだってことなんだ。
たぶん、スーパーサイヤ人4みたいに熱く燃えている男がいれば、一緒に行くしかねえだろってことなんだ。
男気ってものなんだよ。

壁を横から撮ると被ってるなあ。燃えてるMJ

昨日またしても偶然にむーちゃん達にカサメリであった。もう有笠には、行く気なしとのこと。
いわんこふ夫婦も来なくなってしまった。
なのでケイブは、僕たちだけになってしまった。
ここで夏越すのか?いいよつきあうよ。

この人もルンルン核心突破。まだ数日しかさわってねえぞ。











正対にクイックドローをセットした後ブラストをやってみる。
蒸し暑いせいか、朝のうちボーッとしてて2クリップ目でたぐり落ち。
みんな冷や汗。
いや~涼しい気持ちになってもらったかなあ。
落としたのは2年前とはいえ、さんざんやったんだからいつでもあっさり登れないとダメなのにね。

疲れを取ろうと休もうとしたが、
キャンプ場にいるような半ズボンのおっちゃんのカッコで行ったらやぶっ蚊に10カ所ほど刺されまくる。
寝れねー。

キャンプ場にいそうな格好のおっちゃんだな。

































昨日ナイトデイジイダンス12cをさわってみてぜんぜんダメ。
今日は、正対引き付け師12c。
今の自分の実力では登れない。
ここまで登ってこのムーブか。
ムーブそのものもそうだし、筋持久力もそう。
必要とされるすべてのクライミングの能力の次元が違ってくる気がする。
12台後半になってくるとつらいしんどい。
でもおもしろい。
まだまだ体全体に無駄な力を使っているのがわかるし、
関節を固める動かすのメリハリも今ひとつ。
ただ、どんなふうになればというのが、なんとなくでも見えてるような気がしてるので
気持ち的には充実してるなあと思う。

正対引き付け師。少し進展。
キャンプ場のおっちゃんも登ったぞ。




右手スプーン取りました。
ボルトの右斜め7cm下のカチに左足のつま先引っ掛けました。
次、右手で引き付けながらデッドで左手出し。
This is 正対引き付け師
ここ自力解決ね。正解は、ルート名にあったのだ。


まあ、落ちたんですけど。


















3級ぐらいのムーブかな。取れなかったけど、やってりゃ取れるんじゃないかと手応えはあり。
ここのパートが抜けられれば、クライマーとしての能力が違ってくるとむーちゃんが言ってたけど自分もそう思う。
あえて手強いルートを続けましょう。

この日、真夏の有笠が、人気ないのが、よーくわかった。
ヘルケイブは、気温29度。平地よりはマシ。なんとか我慢できる。
湿気たっぷり。エアコンない家よりはマシ。
やぶっ蚊ぶんぶん。ツエツエバエに刺されるよりはマシか。電池香取もある。
クライミングができない訳ではない。

でもね、梅雨が明ければ、涼しくていい景色でやぶっ蚊もいない小川山、瑞牆山の方がぜんぜんいい。みんなそっち方面ですね。

師匠ブラストトップアウト。解決したような。





このちょっぴり高級コンデジ。300mmF2.8の威力あるわ。ズームでよったときの描写力がすごい。





0 件のコメント:

コメントを投稿