2015-08-30

150829-30 雨にもマケズ




背筋バキッてじっとしててもしょうがないし、
足腰鍛えとこうってことで
無雪期のハイク何年ぶり?です。

8/29
秋雨前線停滞中につき
自宅出発時すでに雨。なのに行く。

廻り目平の手前を左にずずっと車で大弛峠まで
石ごろごろのひどい道でした。

雨は、やむ気配なし。
せっかく来たんですから、
ビニール傘さして
国師ヶ岳と北奥千丈岳に
登って降りてくるまで1時間30分ずっと雨と霧。
とりあえず、山には登ったし。

どうしようかと車で待機。
5分後には、やっぱ行く!で金峰山に向かう。

登って降りて登って降りてが続き飽きる。
ハイキングってさ単調でつまらないなあと思いつつ歩く。

山頂に着くころ樹林帯の上に出てくるとちょうど雨がやむ。

山頂に立つと目の前に五丈岩が、
これは、登りてーとクライマーの血が騒ぐ。


下段中段上段マントル返しだろってことで
鳥居で登らせていただきますと手を合わせて
取り付く。

むっ、むむっ、むむむっ、
もやっとしたくぼみに指をはわせてそっと持ち上げるって
おおっ、花崗岩のスラブ。
しかも、ビショビショだし。
靴は、7年履いてる登山靴だし。
指力全開、
バキッた背筋またやっちまったらどうする?

こえーっ、フリーソロだぜ。
中段ももやっとしたホールドでマントリングだし、
降りるのどうしようと不安なまま登ってしまった。

これは、ボルダかクライミングやってないと危ないです。
でも、こんな山のてっぺんでクライミングって気持ちいいし五丈岩面白い。
クライマーならこれだけのためでもいいよ。


いい気持ちで下山し始めたが、
また雨が降り出し、
歩きに飽きるし、
山歩きやってなかったので遅いし、
抜かれるし、
テンション底に着いたまま往復4時間30分かけて到着。

また石ころだらけの道を車で下って
みずがき山自然公園に
その夜、駐車場には、自分の車だけ。
さみしいの通り越して怖かったー。


8/30
明るくなって目が覚める。
今日の予定、瑞牆山。
時間は、たっぷりあるのでぐずぐずしていると雨音が。

どうするー。今すぐ帰れば、ジムに行けるぞー。
そんな弱気でどうするー。雨だって歩けるぞーと
はっきりしないまま時間が過ぎ、
おおー晴れてきそうだーっ
で準備して結局9時出発。
しかもまた雨が降り出す。

どうせならってことで
パノラマコースで岩場へのアプローチ道をあるってみよう。
ハイク用の地図じゃなくて瑞牆山クライミングガイド
むちゃ詳しくて役に立ちました。





カンマンボロンに寄ったころまでは雨も弱くてなんとかだったのが、
しだいに上空からビュービュー聞こえてきて
岩場のルートなど見てる余裕なし。
登山者は、1人に出会っただけ。

山頂は、雨風激しく日曜日の百名山なのに誰もいない。
こんな日に俺何やってんだろ。

下りは、不動沢経由で
一人歩きっていうか、奥深い登山道に自分だけ。
だんだんと雨は、弱い霧雨になり、
不動沢の岩峰群も見えて来る。
もちろんどの岩場も誰もいない。




結局弱雨のままで
6時間かけて瑞牆山の岩場を一週したけど
スケールの大きい岩がこれだけたくさんあるってのは、すごいわ。

ずっと雨だったけど
クライマー的には、いい1日でした。

しかし、歩いて登り上げる体力が、ないのを痛感。
たまに山歩きして足腰鍛えておいた方がいいかもでした。


0 件のコメント:

コメントを投稿