2015-10-12

151012 瑞牆山富士スラブ、氷結岩


前夜、
明日は、トップロープはってもらうのは、あきらめてくださいっ。
もう呑んじゃいます!
プリ棒の使い方教えるからそれで登れー。
ってことでめずらしくよけいに呑んでしまった。

目が覚めたのは8時過ぎ。
遅く起きたのに余裕こいて展望台まで散歩。

小川山の屋根岩2峰の予定だったけど氷結岩ってのを登ってみてーってことで
また、瑞牆富士スラブ。着いたのは11時過ぎ。
このマイナーなエリア、面白いって訳じゃないのに好きなんだなあ。

昨日と同じ富士スラブの10aにトップロープを張って
氷結岩の一番左の5.7にトップロープを張るために登ってみると木が一本あるだけ。
終了点はなにもない。
木にスリングも巻いてない。
自分達でスリングを巻いて終了点を作って遊んできたけど
フリーのルートで終了点がなにもないってのは、初めて。
あらためてマイナーなエリアですなあ。

リードでできる動きはしてるんですがねえ。

今日もだーれもいないし。
昨日もだーれも来なかった。
先月も自分達だけだった。

面白いルートがあるわけではないし、
なんと言っても終了点やボルトが整備されていないのでしかたがないのかな。

氷結岩は、岩の形状がでこぼこで下から見てもよくわからん。
トポにないRCCのルートがあったりする。

やろうと思った10c50mもどれなんだかわからない。
これかなあ、やってみないとわかんないしなあと
見定めたつもりで
クイックドローを25本、
捨て縄とナイフ、
ATCガイドを
ハーネスにぶら下げる。
立ち上がってよろけそうになる。
登ってる途中でハーネスが腰からずり落ちて
クライミングパンツがはんケツになる不安がよぎる。ありえねえ?
これって、すごい重いけどフリークライミングなんだよねと思いつつ、
ハーネス持ち上げ直してウエストキチキチに締める。

どんだけー
20mほど登ってみて木にむっちゃ古くなったロープが巻いてあってシャックルが付いている。
終了点か?
クイックドローまだ半分以上使ってないんですけど。

その左5mほどにボルトのルートが見える。
てことは、あれー、もしかしてー、あれが10c50mのラインのような気がするなあ。
こっちは、となりの10b20mだったのか。
で、ロアダウン。
降りて10cのスタートをさがしてみたが、よくわからずじまい。

またやってみるかといっても時間も時間だし、
5.7の下部直登ラインで遊んでみる。
11c位でムーブ的には、面白いです。
ただし、ホールドがぼろぼろ剥がれそうなので1プリですね。
ってこのエリアに来ねえか。

氷結岩5.7マスタートライのSまだ氏


スッキリしたお天気でしたが、じっとしていると空気がヒンヤリしてきました。


0 件のコメント:

コメントを投稿