2015-10-25

151025 聖人岩


黒山賛歌RPのHさん。前橋の某ジムのTシャツは、背中がグレード表になっていてセンスがいいのだ。

先週初めてこの岩場に来て
その日の朝のうちに貂が見ていたを落としたところまでは、よかった。
その時までは、どんなところかいっぺん来ておけばいいかな程度の岩場だった。

思えば、貂が見ていたって登りやすくてグレードどおりの素直なルートだったような気がする。
他のルートも同じようなものだろうと思ってあちこち手を出してしまったのが、いけなかったのか?
昨日のルミちゃんといい、なんだかくせ者だらけじゃないか。
つうことで3回連続で来てしまってしかも「なんじゃこりゃ!」はまりだした。

痛い魚の目10aでアップ
その隣の蟹もどき10c
10台だからなんとかなるだろうってやってみたらまったくわからん。

左サイドのホールドを取ってみたらぼろっと崩れ落ちる。
ちょうど下を通りかかった勝井プロが、そこのホールドは、違うよと使うホールドと登り方を教えてくれる。
なるほど蟹もどき、ルート名にヒントがあったんだ。
手足が蟹のように横にひろがってってことか。
生徒でもないのにどうもすいません。
ありがとうございました。
教えてもらわなかったらおかしなライン取りをするところだった。
ボルダーっぽいルートってのは、やったことあるけど
ここまでボルダーそのものって初めて。

この日、僕は、K子ちゃんのトップロープ掛けを3本ほどしたような、
K子ちゃんは、どんどん登れるようになってきた実感があるからノリノリなのだ。
夕方近くになってあと3本やりたい!(あと3本トップロープ張って)と言われて

ノリノリのK子ちゃんは、気の早いルミちゃんの隣のおっとりしたマミちゃんを登れたって
わざわざややこしく言わなくてもいいんだけどさ

この日の自分は、ウェーブ2便出したけど、
出だしのモモンガはまりからまだ抜け出せなくて落ちまくって
それでも核心のトラバースは解決できて
テンション掛けながら2回ともトップアウトしたが、
どんだけ力使ってんだかなあの登りでヘロヘロになっていたところだったのだ。

とりあえず
K子ちゃんの風の子カンテにトップロープを張って
K子ちゃんは、途中までしか登れなくて回収しなくちゃって思っていたらHさんがやってくれて

そのHさんは、黒山賛歌をRPして
1年半ぶりにここに来たMJは、貂がみていたをRPして
まあふたりとも12bクライマーなんだから当然なんだけど

うす暗くなって朝やった蟹もどきをもういっぺんやって
やっぱりマットが欲しくなるボルダールートだなって思って
クタクタになってしまいました。

それにしてもこの岩場のゆるっとした緊張感のなさ、
あの緊張感たっぷりの岩場とはまったく違う。


0 件のコメント:

コメントを投稿