2016-01-31

160131 二子弓状



2016/01/31現在の弓状へのアプローチ。
坂本からはまだ車で上がれませんでした。
群馬側青梨子からジムニーで二子駐車場まで上がってきた人もいました。

朝から元気な御大


車がディーラーに入院になっているので
ジークンドー女子と待ち合わせて助手席に乗せてもらい二子に、
坂本から2日連続歩きなのでややつらい。

弓状に着いたらすでに御大が、私生活を登っている。
よく見たらビレイヤーなしでグリグリを使ってソロでヌンガケしている。
このおっさん、二子で群を抜いて一番の年長なのだが、
ビレイヤーがいようといまいとおかまいなしなのだ。
バイタリティも想定外に群を抜いていて驚かされる。

この日は、晴れて暖かくなりコンディションはよくなった。
昼過ぎには気温8度。
昨日よりは、クライマーも多く14人ほど
ガヤガヤすることもなく順番待ちを気にすることもなく
ほぼ顔見知りで雰囲気的には、全員で1グループ。

この日のおいしいよー
1月の最後なので今日で登れればと気合いが入る。
今日も下からホールドを追いかけながら一手ずつ登るイメージを作ってから取り付く。
落とす気満々てわけなのだが、

1便目拝みで両手がすっぽ抜け
2便目、3便目ピンチを握るが止まらず。

3便目にしてやっと今日のだめな訳がわかった。
核心で気合いが入りすぎ、力みすぎ。
1便目は、強く引き付けすぎてすっぽ抜けだ。
2、3便目は、
ズッドーンて手を伸ばすと
勢いが付いて重心も無駄に大きく動く。
停止すべきポイントに達しても速度が出ている。
停止のためのマイナスの加速度がかかる。
余分な力が必要となる。
これでは、届いて握っても左手のみでは止められない。

理想は、
ピンチを取りに行ったとき、
体全体(重心)もピタッと止まる動きをすることで
ホールドを握るための力だけで止められる。

今さらながらだが、ひとつ学習した。
ルート全体にわたってのパワーの配分ということは意識していた。
それだけでなく
パートごとのムーブに必要とされる最適なパワーのコントロールだ。
なりふり構わず力いっぱいに出せばいいってもんじゃない。

このルート各駅でパワームーブで行けば、すぐ登れるのだが、
通すとなるとピタッと止めていくために正確で繊細な動きが必要となる。
小さい動きなのでむずかしい。

夕方には、左腰の痛みがぶり返し
じいさんみたいな歩きになって降りてきました。
やんなってくるー。

坂本まで降りてきたら
自分達の後のはずの御大がいる。
登山道を無視して雪の斜面を直線で駆け下りてきたとか。
ハイキングで年寄りをガンガン追い越す若者みたいなことをやっちゃってまたびっくら。

お楽しみは、また来週以降に持ち越しです。




0 件のコメント:

コメントを投稿