2016-02-13

160213 二子弓状


二子へのアプローチは、
群馬側から4WDのSUVなので二子駐車場まで上がれました。

埼玉ダム側からも何台か上がってきましたが、
ここまで上がって来れたのは、
自分達の車と
パジェロチェーン装着と
ハイラックスサーフだけでした。

他の車は、矢久峠から駐車場の近くまで
500mぐらい手前ですかね。そこにみなさん止めて歩いて来てました。

帰り、車を出して動き出したら雪崩が道をふさいでいてナンバープレートめくれるのを覚悟で突っ込みなんとか突破。
不用意に奥まで車で行くと帰りやばいかもです。

この日
ヨッシーさんが即身仏RP、1週間前に僕がビレイしたときあと1手だったので他人事ではなくうれしい。
一緒に通っているHTさんもノースをRP。実力があるのだからどんどん行っちゃいましょう。




おかけでクライマーもまだ少なめで
任侠道2人
美しき流れ2人
お立ち台の順番は、ほとんど気にせずできました。

この日の任侠道。
3便出し。

1便目またキッチンタイマー20分で
核心スタートの右足クロスからの右手出しを
またがんがん出す。
少しずつ取れそうになってきたところで時間切れ。
なんだかキャンパトレーニングですよ。

2便目
2便目で5クリップまでノーテンで到達。
ノーテンでの到達高度が上がった。
核心で右手出しの体の使い方を工夫する。

3便目
また5クリップまでノーテン。
核心までがだんだん確実になってきた。
ここでのレストも少しずつだが、楽になりつつある。

ここから各駅だが、
核心の右手出し、おおおぉぉおっ、届いた!止まった!
左足上げ、クリップできねえ、怖っ、ヌンチャクつかむ。クリップする。
6クリップまで来た!
核心進んだ。

ここからさらに4手出し。
体が伸びきって足位置が定まらずフォール。
これが決まればあと4手で左トラバースしてガバフレークに届き、核心越えられる。
トップアウトも見えてくる。
各駅でテンション掛けながらだしまだまだずっと先の先だが、
少しずつパートで解決してきた。

ここいらまで来た。どこをどうする?やってる人にしかわからん画像だな。


上の写真と同じ構図です。任侠道ここから核心のYねさん。お手本にさせてもらってます。

本来なら
自分がやると決めたルートは、自分でヌンガケから始めるべきだが、
すでにかかっていたからではなく
かかっていなかったら自力で最後までセットできなかったルートなのだから
やる資格はないのかも知れない。
使わせてもらってありがとうございますだし、
任侠道を続けられること自体ありがたいことだ。



0 件のコメント:

コメントを投稿