2016-03-07

160306 二子弓状

この日の1枚。おしりかじり虫みっけ。この破れ、どこまでが限界なのだろうか。もう越えてる?

日曜日なのに人が少ない。

任唐ラインは、唐獅子2人、任侠2人、美しき流れ1人の5人
5人ならたくさん回ってきそうだが、
少なくなれば、それなりに時間を掛けられるので3まわりだった。
自分的には2日連続なのでこれで十分というか、筋肉ぶち壊れそう。
週末でこの人数は、なかなかないが、このくらいだとちょうどいい。

本日の任侠道
1便目
5クリップ後レストは、まだまだ回復できない。続けて出せずにテンション。これはバツ。
テンション後右手クロスは一発
そのまま続けて6クリップをしてまた続ける。
右手ガストンから左足あげられずテンション。
テンション後、上部に抜けて左トラバース部に入る。
左手縦カチからすぐ右のカチがわかってマッチしたが、左手を伸ばすことができず、
目の前に変なホールドが、
ホールドだと思ってとったんですよ。
取ったらあれっ、クイックドローだった。
決してクイックドローをつかもうとして取ったんじゃないですよ。
(すいません。ほんのちょっと嘘つきました。)
テンションを掛けて右手のホールドをよく見てピンチ持ちが出来ることが確認できて
やってみると簡単にトラバースできた。
そのままトップアウト。
これで一応、ルート全体のホールドとムーブが解決!って24便もかかってしまった。

2便目
4クリップに入るときにフォール。
ダメダメモードになってしまい、5クリップで降りてくる。
3クリップ手前からパワーが必要になるところを楽にいこうとして迷いが出てしまった。

2便目のあとにOMのさんに話しかけられる。
今シーズンで行けそうだよと言われたが自分としては、まったく実感なし。
核心に入る前のレストを聞いてみたら
回復は出来ない。
レストは、3回シェイクを左右3回ずつするだけで出ないと
逆にレスト疲れになってしまうとのこと。
これは、自分にとっては、息を整えるだけで前腕の回復をさせることなく突っ込むようなものだ。
下部をもっとサクサク行けるようにするってことだな。

3便目
5クリップに入るときにフォール。
これも省力化を意識しすぎて固くなってしまった。
なんとか、6クリップをして積極的ホールドからアンダーポケットに右手を突っ込んだところでフォール。
ここいらまだムーブが確実になってない。

しかし、積極的ホールドって言い方、思いついたの誰なのかわからないがいいかも。

今日は、1便目でよくわからなかったトラバースのホールド使いがわかった。
ついでに2、3便目でトラバースをクイックドローをつかまずに通過することが出来れば良かったが、
それはかなわず。
解決はしたが、通してとなると気が遠くなる。


この日今シーズン二子デビューのHTさんが、モダンラブRP。
これで、ビッグモモ、ノース、モダンと3本落とし次に取り付いたペトは、1便目でトップアウトしていた。これも速いかな。



0 件のコメント:

コメントを投稿