2016-03-13

160313 二子弓状

今日の1枚。こんな景色マジか?ありなんですね。

下吉田に泊まると朝ゆっくりできるのがマル。
7時に起きて部屋でストレッチしてから出かける。
前夜また雪が降ったようで坂本からの林道は、雪道。
2日連続なので真冬の雪景色で手先足先の指がかじかむ一日は、わかってるのだが、
さすがに岩場にいるだけで切なくなってきた。


この日の任侠道
任侠道に取り付いた人は、5人
自分だけが2日連続なので筋肉の張りが少しでも取れるように一番最後にしてもらう。

1便目
3~4クリップ間の氷結帯は、みんなテンションというか、クリップできずにロングフォールとか。
自分は、昨日のホールドの使い方ならなんとかなるかと思い、
決死の覚悟で突破。
えへへっ、この日この凍ったホールドが続くパートをテンション掛けずに抜けられたの僕だけ。
そのまま核心に突っ込むが、
やはり、濡れ濡れ帯でむっちゃ引き付けたし濡れた手でムーブを出し続けたんで消耗してしまい
また核心左手ガバカチで保持できず。
そのままムーブを固めることにしてトップアウト。

1便目の後
自動化がどんどん進む段階に入ってきた感がしたので
あと10便も出せば(10という数字に特に根拠はないのだが)、止められるんじゃないかな
そうするとレッドポイント体制に入るんじゃないかなと思えてきた。
クライマーが、俺は登れるぞって予想をするときはたいてい自分に都合よくなのでどうなんだかわからんが、可能性はどうあれ目標にしてみよう。

2便目と3便目はムーブ固めをして核心最後のガバフレークまで。
次にトップアウトするときは、RPで。どうでもいいこだわりか。

2日6便すべてトップアウトできる力は付いてきた。


つららとクライマー






0 件のコメント:

コメントを投稿