2016-03-21

160321 二子弓状

今日の一枚 唐獅子核心

今日の1便目で下から続けて核心の右手クロスがいきなり止まったのだ。
しかも2便続けて

なんでだかよくわからん。
思い当たるのは、
クライミングシューズを左から履くしきたりがあったことを知るに至り今日から実践したからか。
昨日、家族サービスでおいしいオムライスを食べに行ったからか。

まじRPが見えてきた。

今日の一枚の次点 おいしいよー

1便目(通算36便目)
30便目までに下から続けて核心の右手クロスを止める目標だったが、かなわずだった。
先週日曜にあと10便も出せば止まるんじゃねと勝手な予想をした。
あと10便なので4日は掛かると思っていたので予感は全くなしだった。

3~4クリップ間は、少しだが浸みだしが残り、手とソールが濡れる。
少し余分に引き付けてしまったが、
5クリップまで到達した時点で前腕に余裕を感じたのでレスト少なめで続ける。
核心右手クロス止まった。
前腕は、まだ余裕があったが、焦ってしまいとんがりコーンに左足を乗せきれずフォール。
ここは一気に追い込まないと。
まだ気持ちが甘い。

そのまま1テンで楽に核心を抜けることが出来てトップアウトできたので
次からRP便のつもりで出すことにする。
(RP便を出し始める目標は、40便目からだった。)

2便目
また下から続けて核心右手クロス止まった。
今度は、焦らないように6クリップまでしたが、
興奮して気持ちが先走ってしまった。
左手斜めカチを取って右足を伸ばすときに雑になりフォール。
ここも甘い。チャンスなんだからとどめを刺す気持ちになれっていうの。
また1テンで抜けたが、これまた確実にできるようになった。

ちょっとずつの進展なのに小躍りして舞い上がってしまう気持ちだった。

みんなが帰る頃に3便目を出したが、
3便目は、さすがに前腕が終わってるかなとどこかしら思ってしまった。
ちょっとした気持ちの揺れが結果に影響する。
核心止まらず。
ただ、核心までは、自動化できた感触。
この感触を確実にしておきたかったので10分後に下部だけでものつもりでもう1便。
二組だけ残って夕方6時近くになってしまっていた。
RPの便数にこだわるならこんな出しかたは、どんどん増えてしまうが、気にしない。
これをすることでRPに近づくのだから。


0 件のコメント:

コメントを投稿