2016-03-26

160326 二子弓状

私生活12c。弓状上部は傾斜がきつい。見てるだけで怖さを感じてしまう。それだけにかっこいい画になる。

そんなに冷えたとは思わなかったのだが、朝着いてみるとあちこちにつららが垂れている。
任侠道も3~4クリップ間につららが。

3月中旬からずっと状態が悪い。
これからしばらくこんな状態が続くのかも知れない。
下部は、多少濡れていてもなんとかなるようになったが、気持ちはよくはない。

今日も落とすつもりで出す。
1便目
お立ち台に立つと雲が切れて太陽の光が差してきたのでTシャツを脱ぐ。
弓状初脱ぎ。醜い背中だったか?
これで登れたらかっこよかったのだが、思った通りにいかずに苦労させられるのがクライミングなんだな。

この日は、3便中2便で核心の右手クロスが取れて6クリップまで行ったが、
その後が続かなかった。
核心出だしの右手クロスが一番難しいところなのでこれが決まれば、
あとは、一気に突っ込んでいって落とすぞと思っていたのは、甘かった。
そこからがまたきつい。
やっべー、核心を抜けるまであと何便も出さないとだめなのかといやーな予感がした。

自分的には先月初めた任侠道がRP便のつもりになれてるだけでもできすぎだ。
だからといって登れてない以上満足もしてない。
ここは、油断せずにぐいぐい行かないと。


0 件のコメント:

コメントを投稿