2016-06-26

160626 瑞牆カンマンボロン


下のクライマーが砂の塔12a、上はUFO Catcher13c

金曜になって瑞牆のカンマンボロンでどうですかときていいですよと返事して
今シーズン初の花崗岩。

朝5時に自宅を出発しMさんを乗せて地味にずっと下道で
8時前、自然公園のトイレによってチップの駐車場着。
公園は、車もテントも少なかった。混み出すのは梅雨明けなんだろうか。
チップの駐車場でKさんと待ち合わせ。
一緒は、初めてだけどMさんつながりで前から知っていたのでクライマー仲間の感覚。
でもふたりとも自分より実力はずーっと上、内心やべー。

カンマンボロンは、
3回目だし
赤ペンキと赤テープがずっと続くし
これでも元は山やなので迷う要素はほとんど無いのに迷う。
どうもすいませんでした。

砂のエリアに着いてみると
標高1700m位だし、
西向き斜面だし
晴れると思っていたらずっと曇りだし、
気温が低いまま。
長袖ティーシャツにジャケットを着てもじっとしていたら指先がかじかんでしまった。

アップ、
ボロンボロン11c
最初から砂の塔と思っていたが、前のふたりがボロンボロンで手こずっていたのでこれは、自分もやらねばと。
核心でここで落ちたら花崗岩ズリズリ、こえー。気持ちで負けた。
トップアウトしてみれば、体を切り返して思いきって立ち込めばむずかしくはなかったのだ。

砂の塔12a
1便目、去年の9月に1日3便出しているのだが、下から見てだいたいしか思い出せん。
とりあえず出す。
乾いているとまではいかないが、見た目ほど湿っていない。
かなり思いだしたというより去年やったときよりいい感触。
2便目、なのでレッドポイント狙いのつもり。
核心最後の左手リップ取りまで来て、手を伸ばしたが届かず、ぐやじー。
けど、しっかり立ちこんで手を出せば、あっさり届くところ、焦って自滅なのだから惜しくはないか。
3便目、それほどでもないムーブなのに前腕コチコチにして体を動かせず持ちすぎて花崗岩の粒で指皮も削れてピリピリになってしまった。
ハイステップして足に乗り込めば、そんなに力まなくてもいいのに。

このルート下部はポロポロ崩れてくるし、核心のガバも奥が空洞っぽい、
そのうちホールドが剥がれてしまう気がする。
自分的には、手応えありだしまた来なくては。

上のクライマーがEternal Wish12b、下が砂の塔


砂のエリアは、
自分達3人が砂の塔12aで
あとは、4人、2人の2グループが
岩の殿堂12cだったり
UFO Catcher13cだったり
LOL13aをやっていて
レベルの高い岩場でした。
ナチュプロでロングフォール初めて見た。

降りるときに太陽のエリアには4人。
全体でも見たことある人ばかりでした。

帰りの車の中で思い出した。
花崗岩は立ち込みとバランスと恐怖にプルプルだ。

景色といい山の雰囲気といい空気といい花崗岩の岩場で過ごしていい気持ちになれました。


0 件のコメント:

コメントを投稿