2016-07-10

160710 瑞牆カサメリ

初NDDのHさん。トラバース抜けていました。

5人でカサメリに向かう。
吹上の御大と一緒に行くのは初めてだ。
高所登山の実績もあるしフリーもこなす大先輩なので恐縮してしまうところだが、気さくな方でありがたい。


1年ぶりにコロッセオのNDD
1年前は、ぜんぜんだめだったのでいやな記憶がすり込まれてしまっている。
この日NDDは、自分達だけなのでだめもとで3便出したが、同じだった。
トラバースの穴で左手が保持できずに右手マッチができない。
実質最初の一手で終わり。
相変わらず歯が立たず、下部でこんなじゃ話にならん。

できないでむしゃくしゃした!だけでは先がない。
登れない言い訳を探しても自己満足にはなるが、登れるようにはならない。

登れない訳は、自分の能力不足。
薄かぶりの甘いスローパーでバランスを取りながらムーブを起こす能力がないからだ。
ジムに行ってもリード壁ばかりだし(今年上半期ジムトレ38回中ボルダ壁は10回だけ。)、
月2回以下のボルダ壁でスローパーやパーミングを嫌って避けてきたのだからなおさら当然の結果だ。
ホールドが湿っていたけど言い訳にならん。
乾燥してホールドの効きが良くてもだめだろう。

さてどうするか。
グレードを落として花崗岩薄かぶりバランス系を多くこなしてムーブ力をあげるか
あらためて左トラバースの手順を考えるかだ。

帰ってきて1年前のきんさんのアドバイスを読み直す。
あーそうなんだ。ありがたい。
違う動きをしていた。
これ脳みそに書き込んでまたやってみようか。
恥かいてなんぼだ。

NDDの左トラバースは、左手を穴のよいところより少し右側において右手用スペースを作って、右手クロスマッチがやりやすいです。
左手抜けてきますが、抜ける前に素早く右手をマッチすればよいです。
その時右足はガニって、左足は切る。
胸を壁にすりつけるぐらい壁に入ります。
右手持ち損ねた場合も持ち直せます。
右手取った後、足を折りたたんで体を落とせば右手がガバに感じられます。


0 件のコメント:

コメントを投稿